日刊サイゾー トップ > 芸能  > King Gnu 常田と井口の熱愛報道

King Gnu 常田大希の熱愛報道に業界から熱視線! 井口の交際相手ブレイクで、“アゲメン”バンド認定か

文=山本ロドリゲス久美子

King Gnu 常田大希の熱愛報道に業界から熱視線! 井口の交際相手ブレイクで、アゲメンバンド認定かの画像1
「SWITCH」Vol.39 No.2(スイッチパブリッシング)より

 大人気バンド・King Gnuのギターとボーカルを担当する常田大希に熱愛が発覚した。「女性セブン」(4月22日号)では、常田が昨年からモデルのemmaと交際していると伝えており、emmaの誕生日である4月1日には都内のレストランでデートする様子をリポートしている。

 King Gnuといえば、昨年4月にはもう一人のボーカル・井口理が女性アイドルグループ・ゆるめるモ!の元メンバー「あの」と写真週刊誌に撮られて、話題になった。

「King Gnuは『白日』の大ヒットで名実ともに日本のトップアーティストに登り詰めました。2019年に『NHK 紅白歌合戦』に出場してからは、芸能記者界隈からも熱視線が送られるようになり、翌年4月には井口がスクープされた。もちろん、バンドの顔でもある常田に関してもかなりマークされていたが、コロナの影響もあり、なかなか尻尾を掴めなかった。バンドマンながら、派手に遊び歩いているというような噂もあまりなく、モテているはずなのにうまいこと記者をかわしていたようです」(芸能記者)

 井口との交際発覚後、あのはバラエティ番組でプチブレイク。20年には初の冠番組『あのちゃんねる』(テレビ朝日)もスタートし、ますます勢いづいている。

「井口との熱愛報道後、SNSが多少荒れて大変だったみたいだが、正直あのスクープで顔が売れたという側面も無きにしも非ずなんですよね。また、井口のほうもaiko好きを公言したりしていて、文化系女子が好きだというキャラクターが定着しているので、あのちゃんとの交際はキャラぶれゼロだし、そういう意味ではファンも受け入れやすかったんじゃないかな。今回のemmaも常田とは同世代だし、お互い過去に派手なスキャンダルもなく身綺麗な者同士なので、イメージダウンにはなり得ない。バンドは売れると、派手なスキャンダルを起こすパターンも多いですが、King Gnuはかなり堅実ですよ。そりゃタイアップも付きやすいわけだと納得しちゃいますね」(レコード会社関係者)

 あの同様に、“King Gnu効果”で今度はemmaがブレイクするなんて展開もあり得るかもしれない。

山本ロドリゲス久美子

山本ロドリゲス久美子

ジャニーズ系ライター。LDHやK-POP、2.5次元舞台などの現場取材も多数経験。

最終更新:2021/04/07 18:00

King Gnu 常田大希の熱愛報道に業界から熱視線! 井口の交際相手ブレイクで、“アゲメン”バンド認定かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真