日刊サイゾー トップ > 社会  > デジタル庁が誕生前から不安視される理由

まさかの“素人集団”扱い? 誕生前から「デジタル庁」が不安視される理由とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年9月にスタートするデジタル庁に関する法案が4月6日に衆議院で可決された。現在国が強力に推し進めている日本のデジタル化の司令塔としてリーダーシップを発揮することが期待されるデジタル庁だが、国民からは早くも不安視する声が多数聞こえてきている。
今回は、日本が進化するために避けては通れないデジタル化への壁について考えていきたい。

“デジタル化の司令塔”に関わる法案が可決

 テクノロジーの発展も相まって、近年急速にデジタル化が進んでいることをご存知の読者も多いだろう。様々なデジタルサービスのクラウド化をはじめ、IoT家電の普及やキャッシュレス決済の浸透といった消費者の生活の中でも実感できるような分野にもデジタル化の波が押し寄せている。
 2020年9月に就任した菅義偉内閣総理大臣も就任当時から看板政策のひとつとして掲げており、11月には早々に「2021年9月にデジタル庁を創設する」と決まったことでも大きな話題となった。その際にはデジタル改革を担当する平井卓也大臣も、決定のスピード感を「通常ではありえないスピード」と表現し菅政権の取組みへの本気度を内外に知らしめた。…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/10 09:30

まさかの“素人集団”扱い? 誕生前から「デジタル庁」が不安視される理由とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

菅政権がおかしいーーついに五輪組織委警備最高責任者が爆弾証言

今週の注目記事・第1位「『五輪、無理だ』警備...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 いち人間としてトランプを支持するだけでなく、ヒップホップというフィルターを通し...
写真