日刊サイゾー トップ > 芸能  > マリエ、強力な“バック”がいる?

出川哲朗は完全否定も…マリエ、「芸能界の力学」で抹消危機も強力な“バック”がいる?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

出川哲朗は完全否定も…マリエ、「芸能界の力学」で抹消危機も強力なバックがいる?の画像1
マリエ LesPros 公式サイトより

 マリエがインスタグラムのライブ配信にて、18歳時に島田紳助氏から「枕営業」を強要されたとする告発騒動。当初、黙殺していた芸能界も反応し始めたようだ。

 枕営業を強要された現場に居合わせ、島田氏に同調したと名指しされていたのが出川哲朗。ネット上がざわつくや、経済産業省は彼が出演していた電動車いすのPR動画を非公開にしたほか、出川を起用するアパレルメーカー・GAPも公式インスタグラムのコメント欄を削除している。

「こうした“実害”があってか、4月9日には所属事務所の『マセキ芸能社』が出川本人を調書した結果として、『お騒がせしているような事実はないと申しております』と発表。とはいえ、身内の調査ですから否定するのは当然で、疑惑を完全に払しょくするには至っていない。また、7日のラジオ番組では、出川と同じ『マセキ』所属の芸人・かが屋が爆笑問題・太田光から『マセキ芸能社も終わったな』と言われたというエピソードを披露していました。マリエは配信で自身を守ってくれたのが爆笑問題だと明かしていましたから、太田が今後、この件でどんな発言をするのか注目されています」(芸能記者)

 マリエの告発を報じていた一部サイトは不自然に削除された。また現在はメディア露出の少ないマリエだけに、このまま芸能界の力学により「消される」ことも懸念されるが……。

「実は、マリエのバックには、“面倒”な人物がついているとの噂もあるようです。同一人物かは不明ですが、問題のインスタライブにはマリエの横には男がいて、声しか入っていないものの、『この男は一体何者なの?』となんらかしらの匂いを感じ取った視聴者もいたようです」(週刊誌記者)

 出川の「否定」をもって、騒動は収束していくだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/11 17:00

出川哲朗は完全否定も…マリエ、「芸能界の力学」で抹消危機も強力な“バック”がいる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』レビュー

 超常現象の研究家として知られた米国人夫婦ロ...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真