日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > kemioにジャニーズグループバックダンサーの過去!

kemioにジャニーズグループバックダンサーの過去! ジャニーズJr.との共演にも驚愕!

文=日刊サイゾー

YouTubeより

 4月14日、クリエイターのkemioが自身のYouTubeチャンネルを更新。ジャニーズJr.ユニット・Travis Japanの松田元太をゲストに迎えメイクを施す企画を実施する中、自身がHey! Say! JUMPのコンサートのバックで踊っていたことを明かし、話題を呼んでいる。

 kemioはこの日、松田をゲストに迎えメイクを担当。kemioは「今回、いろんなことが起きてコラボが実現しました」と喜びながら、松田の美貌について「本当に、みなさんが思うより、げんげん(松田)をテレビとかいろんなところで見てるより、目の前に現れるとマジ顔面がハイビジョン!」とべた褒め。「すごくおそれ多くて、この企画をやるのが」と恐縮しながらも、和気あいあいとメイクに臨んでいたのだった。

 そんな中、kemioが松田にメイクを施しながら「どうしてげんげんはジャニーズ、というかこの業界に入ろうと思ったの?」と質問すると、松田は「Hey! Say! JUMPのライブをお母さんに連れて行ってもらって」と告白。続けて「それこそいきなり東京ドーム。ドームコン? 初めてジャニーズのコンサート観に行った感じかな。それで出たいなと思った」と明かしたのだった。

 その後、松田がkemioに「でもなんか、噂によると、それ……出てたんですか?」と話を振ると、kemioは「はい」と照れくさそうな表情を浮かべ、「『心・技・体』とか踊った~」「『Ultra Music Power』とか。やばいよね~」と発言。爆笑する松田を前に、kemioは「こんなこと言ってもあれだけど、もしこのままジャニーズさんにいたら、元太くんと同期ではないけど、同じ事務所みたいなことがあったかも」としみじみ。松田が「じゃあ先輩!?」と言うと、kemioは「いやいや」と恐縮しながら「元太くんの話聞きながらね、あのね、今もう必死なの! 脇汗ヤバいの」と語っていたのだった。

 kemioといえば4月8日更新のジャニーズJr.チャンネル「Travis Japan【kemioコラボ】一緒に地球上のみなさんの質問にご回答」という動画に出演。その際、松田からの「もしいまジャニーズ事務所にいたら、誰と同期ですか?」という質問に対し「(SixTONESの)髙地優吾さんと同じでした」と発言。さらに動画では、Travis Japanの川島如恵留と同期だということが判明したり、「Hey! Say! JUMPの方たちの初めての東京ドームのコンサートとかでバックダンサーとか……」と明かしていたのだった。

 kemioのジャニーズJr.時代の活躍について、ネットでは「kemioくん、まさかの元Jr.だったとは」「ジャニヲタ兼けみヲタの私にとってあまりにしれっと衝撃の告白すぎるんだが……!」と驚く声が続出。

 人気クリエイターとして大活躍のkemioだが、小さい頃からエンターテイナーとしての才能を発揮していたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/04/16 09:30

kemioにジャニーズグループバックダンサーの過去! ジャニーズJr.との共演にも驚愕!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真