日刊サイゾー トップ > 社会  > 「ahamo」有償サポートが1回3,300円!

ドコモ「ahamo」有償サポート1回3,300円を受けてまで利用する価値はあるのか?

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモは、格安新スマホプラン「ahamo(アハモ)」において、ドコモショップでの新規申し込み、料金プランの変更、機種変更、故障時などのサポート対応を、2021年4月22日から有償で受け付けると発表した。ただし、サポート料金は1回3,300円。果たしてこの有償サポートを受けてまで「ahamo」を利用する価値はあるのだろうか。結局、高くついたりすることはないのだろうか?

「ahamoフック」でアナログな高齢者も取り込んだ?

 2021年3月26日からサービスを開始したドコモの格安新スマホプラン「ahamo」。月20GB+1回5分かけ放題で月額2,970円(税込)という料金は、従来のドコモプランに比べる驚くほど安い。そのため、ahamoに事前エントリーした人は254万人もおり、一時、受付を停止するほどの人気ぶりであった。
 しかし、「ahamo」では「@docomo.ne.jp」のキャリアメールは利用できず、家族間無料通話も利用できないなど、従来のプランに比べるとかなりの制約がある。もちろん、ahamoは“デジタルネイティブの若者”をターゲットにしたネット専用プランなので、店頭や電話で…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/18 12:30
関連キーワード

ドコモ「ahamo」有償サポート1回3,300円を受けてまで利用する価値はあるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真