日刊サイゾー トップ > 社会  > 日本郵政、なぜ今頃切手デザインを変更?

日本郵政はどうして今頃普通切手のデザインを変更するのか? 偽造品対策!?

文=植村照明/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年4月13日、日本郵政は普通切手のデザインを新しいものに切り替えると発表した。今回、新デザインになるのは「94円」「100円」「120円」「140円」の4種類。新しい切手の図柄は従来と同じだが、右上に「〒」マーク、左下に「桜」のマークが光で色が変わるパール印刷で追加されているという。でも、どうして今頃、普通切手のデザインを変更するのだろうか? 

普通切手の新デザインは偽造対策だった!

 メールやLINEが普及して縮小傾向にある郵便事業だが、最近は人気キャラをデザインした記念切手なども発売されており、手紙を出さないのに記念切手だけは買ってしまうという人も多いだろう。
 そんななか、日本郵便は2021年4月13日、普通切手「94円」「100円」「120円」「140円」の4種類のデザインを変更すると発表した。図柄は従来のものとほぼ同じだが、右上に「〒」マーク、左下に「桜」がそれぞれ追加されている。それにしても、どうして日本郵便は、今頃普通切手のデザインを変更したのだろうか?
「日経ビジネス」の記事によると、新デザインに変更された理由はズバリ「偽造対策」だそうだ。実…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/19 09:30
関連キーワード

日本郵政はどうして今頃普通切手のデザインを変更するのか? 偽造品対策!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真