日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 『東スポ』大リストラとV字回復の秘策

『東スポ』が倒産危機で大リストラを敢行! V字回復に向けた“ギョーテン秘策”とは?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

『東スポ』が倒産危機で大リストラを敢行! V字回復に向けたギョーテン秘策とは?の画像1
快進撃の東スポweb

 残念ながらこのニュースは“飛ばし”ではなかったようだ。

 夕刊紙の「東京スポーツ」が大リストラを敢行すると、『週刊文春』(4月22日号)が報じている。記事によれば、同社は45~59歳の160人の社員を対象に希望退職者を募集。社員全体の3分の1近くをリストラする予定だという。

「2019年5月の決算では純利益が約20億円の赤字、総資産は約65億円しかなく、社員は会社側から『あと2~3年でつぶれる』と告げられたそうです。20年6月からネット記事に力を入れ始め、デジタル部門の売上が3倍以上伸びたといい、今後は、『東スポWEB』に力を入れていく方針のようです」(芸能ライター)

『東スポ』といえば、宇宙人やツチノコ、ネッシーなどの超常現象をはじめ、スポーツ、芸能、社会などのニュースをセンセーショナルに報じる独自路線が売り。浅草キッドいわく、「日付以外はすべて誤報」と評されるが、一方で熱烈な読者も多い。

 さらに、意外な活路も……。

「WEBも含めて最近の東スポは“らしくない”正統派な記事が増えているんです。というのも、『東京スポーツ』は“首都の名を関したスポーツ紙”という紙名から、海外からは“超一流紙”という認識をされているんです。そのため、今後は海外に向けた配信も行っていきたい考えだと聞きます。もっとも、正統派の記事よりも宇宙人やツチノコを『東京』を代表する新聞が報じたとなれば、インパクトは絶大(笑)。そっちの方向の戦略がハマればV字回復していくかもしれませんね」(前出・週刊誌記者)

 ユニーク記事だけでなく、“忖度まみれ”の大手スポーツ紙が書けない「裏側」を幾度となくスッパ抜いてきた東スポ。なんとか倒産危機を乗り越えてほしいものだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/26 17:00
関連キーワード

『東スポ』が倒産危機で大リストラを敢行! V字回復に向けた“ギョーテン秘策”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

オードリー若林、ラップを粗品に褒められ喜び

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

小倉優香、ダイエット成功で意欲

 4月、小倉優香がインスタグラムで美しく割れた腹筋と共に2年越しのダイエット成功、そ...
写真