日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 田中将大、日本復帰後大暴走

田中将大、日本復帰後大暴走で周囲が“アンタッチャブル案件”に認定のワケ

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

田中将大、日本復帰後大暴走で周囲がアンタッチャブル案件に認定のワケの画像1
写真/GettyImagesより

 プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が24日の北海道日本ハム戦に先発登板。6イニングを1失点に抑えて日本復帰後初勝利を飾った。

 土曜日のデーゲーム、地元仙台のファンの前で68球を投げて相手打線を抑えた田中は、日本通算100勝を同時に達成したが「チームが勝った喜びの方が大きいですよ」と話した。

 かつては150キロを超えるストレートで押す投球術だったが、メジャーリーグ時代に学んだ緩急を上手く使ったピッチングで抑え込んだ。最初は開幕2戦目の3月27日に先発登板予定だったが右ふくらはぎ痛で3週間も登板を回避、ようやく投げられるようになった矢先だったが…。1月の楽天復帰会見、2月のキャンプと連日の田中フィーバーにファンは喜んでいたが、プロ野球OBは「評判は全くよくない。周囲は匙を投げる寸前」と暴露。

「報道こそされていませんが、24日の試合後のリモート取材では日本最終年の8年前や2011年の東日本大震災と絡ませた質問が出ると露骨に嫌がる発言があったと聞いている。プライベートな質問ならまだしも、野球関連の質問すら嫌がる姿はお茶の間で知られる田中マー君のイメージとは大きくかけ離れています。担当メディアの間では『もう関わりたくもない』と溝が生まれています」(同)

 さらに田中の評判を落としているのは楽天イーグルス復帰の時期から始めた公式Youtubeチャンネル「マー君チャンネル」で、現在登録者数は18万人。これが実に厄介者扱いされている。

「最初は自分のルーツを1人語りで話したり、自身の投球フォームを360度カメラで解析するなどしていたのですが、開幕してからは登板後にセルフ解説を始めたのです。試合後にはテレビ、新聞メディアなどの取材を受けていますが球団の広報スタッフも同席しています。もし、事実関係者が誤っていたり球団や選手個人にとって不利な形で報じられる内容は事後に掲載内容について相談や訂正することもできますが、ユーチューブは一切触れません。そのため、好き勝手に話しても誰も何も止められません。
 また、球団内には田中と気心知れた専属広報も配置していますが、完全にイエスマン化。報道関係者はもちろん、球団内でも今や田中はアンタッチャブル案件になり誰も近づこうとすらしていませんね」

 ユーチューブの投稿内容で芸能人が炎上した例は過去にいくらでもある。影響力ある田中がトラブルに巻き込まれないか、関係者は眠れぬ日々を過ごしている。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/29 20:00

田中将大、日本復帰後大暴走で周囲が“アンタッチャブル案件”に認定のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

たけし軍団に無慈悲なビートたけし

 ヤクザの世界は、“親分が黒と言えば黒、白と...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真