日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『関ジャム』三浦大知の実力は世に伝わるか?

『関ジャム』三浦大知特集! 業界内で「スゴいスゴい」と言われる彼の実力は世に伝わるか?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「一生懸命やってるだけ」といじける三浦大知

 s**t kingzが挙げた三浦のスゴいところはまだある。それは「フロアがスゴい」だった。「フロア」とは床に手や膝をついて踊る振りのことだ。なんと、三浦は歌いながら……つまり、マイクを持ちながら他のダンサーと同じようにフロアもやるのだ。

「普通、歌手は上半身の姿勢が崩れたり手から振動が伝わったりして歌いづらくなるので、ついても膝がギリギリ。ましてやハンドマイクを持って、両手が使えない状態。体幹の強さ、マイクを落とさないように踊る技術、あらゆるテクニックが詰まっています」(Oguri/s**t kingz)

 あまりに三浦がナチュラルにフロアをこなすし、ましてや無音シンクロダンスまで見せられたものだから麻痺していたが、再認識した。s**t kingzが「普通、歌手はフロアをやらない」と言ってくれたが、確かにそうだ。かつて、風見しんごがブレイクダンスしながら歌うこともあったが、正直、彼は息を切らせながら歌っていた。でも、三浦は息を切らせない。ダンス中にマイクを持ち替えたり、ここまで来ると体幹トレーニング見ているような印象である。他のアーティストはあまりここまでやらない。

古田  「俺ら、ミュージカルでやるとき、大体ヘッドセットだから。ほんで、歌ってる人は(ダンスに)参加しない。だから、こういうことされると困るのよ!」

Kazuki 「本当にそうなんですよ。色んなアーティストの方の振り付けさせてもらうんですけど『ここは絶対フロアがいいな』と思って、試しに入れるんです。でも、『いやいや。俺、三浦大知じゃないから』って言われるんで(笑)」

三浦  「頑張ってこんな文句言われるとは……(苦笑)。本当、一生懸命やってるだけなんです」

今、s**t kingzがチャップリンの演説をダンスにした意義

 もちろん、スゴいのは三浦だけじゃない。s**t kingzはバックダンサーとしてではなくアーティストとして、今年3月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演したパイオニアだ。

「ダンサーっていうのは自分たちの曲が無かったりとか、なかなか1つの表現者の枠としてどうしても捉えられづらいというか認められづらいところが正直あったんですけど、s**t kingzがやってきた道がダンサーの可能性を常に広げ続けています」(三浦)

 自分を語るときは「一生懸命やってるだけ」というノリで話す三浦なのに、s**t kingzを語るときは異常に饒舌だ。愛が溢れすぎているのだろう。本人たちの倍以上に4人について語り倒したが、わかりやすい言葉で論理的に解説してくれるので凄く伝わってくる。

 三浦が特に紹介したがったs**t kingzのダンスは、「独裁者-最後の演説-」だった。ヒトラーの独裁政治を批判した映画『独裁者』のラストシーンでチャップリンが演説した名スピーチに合わせ、s**t kingzが振り付けしたダンスである。つまり、曲ではなく言葉に合わせて振り付けしているのだ。彼らが合わせたスピーチはこんな内容だった。

「諸君には力がある。機械を生み出すその力が。そして、幸福を生み出す力が。諸君よ、人間は人生を自由で美しいものにする力を持っているのだ。この世を希望に満ち溢れた世界にできる力を。民主主義の名のもとに団結しようではないか。新しい世界のために戦おう。雇用や福祉が充実した世界のために。独裁者たちは同じ約束をし、権力の座に上り詰めたが彼らは口先だけで約束を果たしてはくれない。これからも決して果たしはしないだろう。独裁者は自らを解き放つが、彼らは国民を奴隷にするのだ。今こそ、その約束を果たすために戦おう」

 今回、番組は「独裁者」のダンスをノーカットで放送した。圧巻だった。3分43秒を地上波で丸々流す意義のある映像。s**t kingzがダンスにしたことで、元から演説にリズムとメロディーがあるように伝わってきたのだ。チャップリンの真意が、よりくっきりと伝わってきた。それでいて、表現そのものは紛れもなくs**t kingzだ。雇用と福祉を訴えるチャップリンのスピーチを、今というタイミングでダンスとして表現したs**t kingzの心意気も響く。VTRを見終えた直後、古田新太を見ると彼は涙ぐんでいた。同じ表現者としてグッと来たのだ。

「作品のテーマとかダンスの凄さもあるんですけど、s**t kingzが凄いのは、これが飛び道具に見えないんです。言葉に合わせて踊るって珍しいというか無いじゃないですか。下手するとそのトピックが前に出て技術を見せるみたいな形に行きそうなんですけど、身体を使いナチュラルにメッセージを表現している。そこがs**t kingzのスゴさだなと思います」(三浦)

 この日の『関ジャム』は三浦大知とs**t kingzがお互いを称賛し合うような内容だった。でも、お互いが本物だから決してお世辞になっていない点が重要。特に、三浦だ。彼は業界内で「スゴい、スゴい」と言われることが多い。でも、そのスゴさが世にちゃんと伝わっているのか微妙なところがある気がする。三浦大知とs**t kingzのトリセツのごときこの企画は意義があったと思う。

123

『関ジャム』三浦大知特集! 業界内で「スゴいスゴい」と言われる彼の実力は世に伝わるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

有村架純と森田剛が共演『前科者』レビュー

 寄り添うという言葉は、柔らかいイメージがあ...…
写真
インタビュー

沖田臥竜×武田玲奈「ムショぼけ」って何だ?

 10月から連続ドラマ『ムショぼけ』(北村有起哉主演)がスタートする。それに先駆け、...
写真