日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 野口聡一が住む“宇宙の家”と“人類の家”

過去最高に壮大な『家、ついて行ってイイですか?』 宇宙飛行士・野口聡一が住む“宇宙の家”と“人類の家”

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

過去最高に壮大な『家、ついて行ってイイですか?』 宇宙飛行士・野口聡一が住む宇宙の家と人類の家の画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 4月28日に放送された『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)で目を引いたのはこの日の進行役だ。昨年9月からは狩野恵里アナウンサーがレギュラー出演しているが、オープニングでタイトルコールを叫んだのはなんと松丸友紀アナウンサーだった。狩野アナが家の引っ越しで休みのため、“最終兵器”とも言える松丸アナが投入されたのだ。

矢作 「何? ゴッドタン?」
松丸 「ゴッドタンじゃないですよ!」

 確かに、おぎやはぎ・矢作兼がいて松丸アナがいたら、もう絵面は『ゴッドタン』(テレビ東京系)である。退社した鷲見玲奈から狩野アナに代わったときはそれほど気にならなかったが、そこに松丸アナがいると途端に違和感がでかい。逆に言えば、唯一無二。凄い存在感だ。

両親は、疾患を持つ妻の夫を本当に認めたのか?

 埼玉県本庄市のお花見スポット「こだま千本桜」で取材させてくれる人をスタッフが探していたら、番組ファンという32歳の女性が自ら声をかけてきてくれた。お言葉に甘え、今回はこの女性の家へお邪魔する流れに。

 実はこの日、彼女のご主人が入院先の病院から帰って来るそうだ。入院していたのは歯医者(口腔外科?)とのこと。35年ローンで購入したという新築一戸建てのお宅へ到着すると、すでにそこにはご主人の姿があった。

 彼が治療していたのは、噛み合わせが著しく悪くなる顎変形症。唇が切れたりする疾患「口唇口蓋裂」を生まれつき持ち、上顎が成長せず、止まったまま下顎だけが成長して受け口の形になったそうだ。手術前、ご主人の口は過度にしゃくれた状態になっていた。

「いい人だったり、悪い人だったり、バカにされたりとか、やっぱり色んな出会いはあったんですけど」(ご主人)

 果たして手術は成功したのだろうか? 着けたマスクを外してもらうと、彼の顔は右の頬から顎にかけて幾分腫れている状態に。ここから腫れは引いていくのだろう。過去の写真と見比べるとかなり綺麗になった印象だ。

 ちなみに、ご主人の年齢は現在34歳。今まで手術してこなかった彼が手術に踏み切った理由は、2歳の娘さん・えみちゃんの存在である。

「授業参観とか周りの目があるのかなって。『えみちゃんのお父さんは……』とか言われたくなかったから」(ご主人)

 実は、口唇裂の赤ちゃんはそこまで珍しくないという。生まれてすぐに手術してあげれば治る。ご主人の親御さんも、彼が小さいうちにどうにかしてあげれば本当は良かった。でも、歯並びをそこまで気にしない世代がいるのも事実。難しい問題なのかもしれない。

 結婚4年目だというこの夫婦は、見るからに今もラブラブだった。出会いは職場恋愛だ。

奥さん 「付き合ってから『100%自分に合う人っているんだ』って思って」
ご主人 「笑いのツボが一緒だったり」

 つまり、奥さんはご主人の内面を見ていたのだ。

奥さん 「私は(夫と)最初に会ったときからその顔だったので、別に違和感なく一緒に過ごしてきたんですけど」
ご主人 「(妻に惹かれたのは)やっぱり優しさですね。そういう変な目で見ないというか、接し方をしてくれた」

 しかし、2人には結婚を阻む障壁があった。奥さんのご両親からの反対である。

「いずれ生まれてくる赤ちゃんに『もしかしたら遺伝しちゃうんじゃないの?』っていう心配もあって『やめてくれ』と。辛かったよね、本当に」(奥さん)

 辛かったと思う。相手の人間性に問題があるから反対されたのではなく、それ以外の要素が反対の理由だったのだから。確かに、娘を思う親の心はわかる。だとしても、娘からすれば両親に裏切られた気持ちになるだろう。でも、2人は両親の反対を押し切って結婚した。その後、風向きが変わったのはえみちゃんの誕生だ。

ご主人 「(ご両親は)喜んでくれました。今ではもう、すぐそこに住んでます。すごい仲いいです。週末はご飯食べに行ったりとか」
奥さん 「えみちゃんは両親との仲を良くしてくれた存在だし、幸せをもたらせてくれる天使ですね。しょっちゅう『会いたい』って言ってきます。しょっちゅう『連れてきて』みたいな」

 孫効果は凄い! それは事実だ。でも、きっとそれだけじゃない。ご両親が2人を認めた理由は、恐らく「娘さんに疾患が遺伝しなかったから」である。生まれた孫へ遺伝していないことがわかったから、手のひらを返して歩み寄ってきた。もし遺伝していたとしたら、今のような関係になっていただろうか? もしも第二子やひ孫に疾患が遺伝したら、このご両親は受け入れるのだろうか? 色々考えると、なんだか複雑な気持ちになってしまった。「遺伝しなかったから」ではなく、ご主人自身をちゃんと認めてあげてほしい。良いご主人だけに、なおさらだ。

12

過去最高に壮大な『家、ついて行ってイイですか?』 宇宙飛行士・野口聡一が住む“宇宙の家”と“人類の家”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

俳優で監督・小川紗良の願い【インタビュー】

 海の向こう、アメリカのメジャーリーグではエンゼルス・大谷翔平の二刀流が話題だが、日...
写真