日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 日本ハム“コロナクラスター”で「会食ルール」変更?

日本ハム“コロナクラスター”で問題視されそうな「会食ルール」の変更

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

日本ハムコロナクラスターで問題視されそうな「会食ルール」の変更の画像1
北海道日本ハムファイターズウェブサイトより

 選手やチームスタッフら10人が新型コロナウイルス感染したプロ野球の北海道日本ハムファイターズ。影響は広がり5月3日から5日にZOZOマリンスタジアムで行われる予定だった千葉ロッテマリーンズ戦が延期となった。

 2日に札幌ドームで開催予定だった埼玉西武ライオンズ戦も含めて4試合が延期となったことについて、日本ハムの河村球団社長は2日に「感染防止対策が十分ではなかった。反省しています」と謝罪。管轄の保健所からは感染防止のため選手の活動を止めることを求められ従ったとも明かした。今後は7日に札幌で予定されている東北楽天ゴールデンイーグルス戦から再開させたい思いだが、直前の5日PCR検査を実施した上で全員が陰性であることを確認してからでないと動けない。それでも「どんどん日程を含めて延期していくわけにもいかない」と苦しい状況を語った。

 だが、どうしても疑問が残るのは、なぜ10人も陽性者が出たかということだろう。聞き取り調査はしているが、プロ野球関係者は「球団側は会食の事実などについて明確な回答を避けている風にかなり感じている。まさか事実を隠ぺいしようとしてないとは思いますが」と苦笑いする。

「今回、日本ハムサイドが最も突かれそうなのはチーム内での会食ルールを都度ごと変更していたこと。例えば、休みの日は4人以内で3時間までなどのルールが頻繁に変わっていた可能性があります。そのため、いつどこで誰が感染してしまったのかなかなか追えない事情が出てくる」(同)

 会食のルールんどは球団ごとで異なっているが日本ハムは「厳格に運用していない部類だった」との噂も多い。プロ野球界では昨年、阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズがシーズン中に大勢での会食をきっかけに感染者が続出、選手の緊急入れ替えを余儀なくされ戦力ダウンになりシーズン成績にも大きく影響が出たことは記憶に新しいだろう。

「ロッテは当時、福岡ソフトバンクホークスと首位争いをしている大事な時期だったが、複数の選手がコロナで戦線離脱してしまったためにその後、順位に響いてしまった」(同)

 日本野球機構は6日に再び12球団が集う実行委員会を開いて対応協議するが新型コロナウイルスは感染力の強い変異種が増えてきていると政府も警戒を強めており、先行きは読めない。一刻も早い全容解明と対策が求められる。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/05/06 22:00

日本ハム“コロナクラスター”で問題視されそうな「会食ルール」の変更のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

沖縄の少年少女…性風俗でも

「琉球新報」にて2018年1月から8月まで続いた連載をまとめた、琉球新報取材班『夜を...
写真