日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Snow Man、新曲“歌割り”が物議! 

Snow Man新曲『HELLO HELLO』“歌割り”が物議! メンバー間に格差あり!?

文=日刊サイゾー

Snow Manオフィシャルサイトより

 5月13日放送のラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で、7月14日リリースの4枚目のシングル『HELLO HELLO』が初解禁となるも、曲の歌割りについて一部ファンから疑問の声が上がっている。

 番組はこの日、目黒蓮と佐久間大介のコンビで放送。新曲を流す際、佐久間は「我々のラウールが主演を務めました映画『ハニーレモンソーダ』の主題歌になっておりまして、ラジオ初解禁でございます!」と元気よく紹介。目黒も「初解禁だ~」と盛り上がる中、佐久間は「すごいね、『ハニーレモンソーダ』の原作大好きなんで見てるんですけど。で、漫画を読んだ後に映画を観て、もうね、ラウールが界くんにしか見えなくてね、すごくいいんですよ」と大絶賛。続けて「そんな甘酸っぱい感じとかをね、ギュギュッと詰め込んだのがこの曲になっております!」と新曲をアピールし、目黒も「そうですね」としみじみ。そして、『HELLO HELLO』が流れるという展開となったのだった。

 しかし、楽曲のオンエア後は、一部のファンから疑問の声が続出する事態に。その疑問の多くは歌割りに関するもので、要約するとメンバーのラウールをはじめ、渡辺翔太、目黒、岩本照、向井康二の声は聞こえていたものの、他のメンバーである佐久間、宮舘涼太、深澤辰哉、阿部亮平の声がまったくわからないというもの。

 ネット上では「スノ歌割り差激しすぎて死ぬ」「スノみんないい声だからもうちょっと歌割り考えてほしいなって思ったり」「ハロハロ良曲なんだけど歌割り偏ってるように感じるなあ」といった意見が寄せられていた。

「今回はラウールさんの主演映画だけに、ラウールさんのパートが多いのは致し方ない部分はあるのでは。とはいえ、曲を聞いていてまったく存在感がないメンバーがいるというのは、バランス的に悪いし、ファンにとってもかなり気になるポイントですよね」と語るのは芸能事務所関係者。

「歴代のジャニーズグループの中でも、人数が多い上に誰がセンターなのかハッキリしているグループは、歌割りに特に差が出やすい傾向です。例えば同じく9人グループのHey !Say !JUMPなども、初期はやはり山田涼介さんのパートが多かったりと偏った歌割りだとブーイングが多かったですが、時がたつに連れ均等になっていったという経緯があります。Snow Manも徐々にそうなっていくのでは」

 実際のところはどうなのか? まずは新曲の発売、そして歌番組などでのパフォーマンスを待ちたいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/05/18 09:30

Snow Man新曲『HELLO HELLO』“歌割り”が物議! メンバー間に格差あり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真