日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 菊池涼介ら主力選手が離脱

菊池涼介ら主力選手が離脱――広島カープ、コロナ感染の“厳格な対策”の衝撃

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

菊池涼介ら主力選手が離脱――広島カープ、コロナ感染の厳格な対策の衝撃の画像1
広島東洋カープ 公式サイトより

 プロ野球界に激震が走ったーー。

 セ・リーグに属する広島東洋カープは18日、菊池涼介選手、小園海斗選手、正随優弥選手が新型コロナウイルスで陽性判定を受けたと発表した。菊地は38.9度の高熱が出て自宅療養しており、ほかの2選手は無症状で自宅待機を命じている。

 球団発表によると17日に菊地の発熱がわかり佐々岡1軍監督以下、コーチ、選手、関係者がPCR検査を受けて3人の陽性が判明した。今後さらに陽性者が増える可能性もある。管轄保健所はチーム内に濃厚接触者はいないと判断されているが、プロ野球OBは「厳格にコロナ対策をしていたカープの主力、若手選手が感染するとは…」などとショックすら受けている状況だ。

「昨年、コロナが最初に広がった時も、カープは厳しい外出制限を設けて対応。6月に公式戦が始まってからも遠征中はもちろん、自宅からマツダスタジアムに通うホームゲームの時も一切の外出を禁じていたと聞いています。今年2月、沖縄県で行われた1軍キャンプでは取材する報道陣に対して一切の外食を控えることを条件に対面取材を解禁。選手、関係者は引き続き外出禁止でした」(同)

 全国各地へ大勢の移動が常にあるプロ野球では、コロナ感染が一度起こると複数の選手に影響を及ぼす可能性があることは過去の事例を見ても明らかだ。今年に入ってからも読売ジャイアンツのウィーラー、丸選手らが開幕直後にコロナ感染が判明、戦線離脱し戦力ダウンした。先日もパ・リーグの北海道日本ハムファイターズでクラスターが発生、選手や裏方など10人以上が一気に離脱する緊急事態が起こったばかりだった。

 球界内では全国各地に政府が緊急事態宣言を発令している中でプロ野球の試合が行われていることに違和感を覚える関係者がいる一方で、いまだに「風邪と一緒なのに騒ぐ必要があるのだろうか」と首をかしげる者が相当数いることも確かだというから驚きだ。

「選手もずっと外出、外食制限がありいい加減うんざりしている。カープの選手は関東へ毎回、片道4時間ほど新幹線に乗って移動しており、高い感染リスクを抱えての戦いを強いられている。他のチームもいつコロナ感染に襲われるかと戦々恐々の状態」(同)

 菊地は開幕から好調で打率はセ・リーグトップの3割4分2厘。文字通りリードオフマンとして支えたが佐々岡監督にとっては痛すぎる離脱だろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/05/26 23:00

菊池涼介ら主力選手が離脱――広島カープ、コロナ感染の“厳格な対策”の衝撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

不動の人気・目黒、再開発でどうなる!?

 過去に雑誌「東京カレンダー」にも特集され、「...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真