日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 広島カープ、リーグ3連覇からいきなりBクラスに

広島カープ、リーグ3連覇からいきなりBクラスに落ちた本当の「理由」

文=日刊サイゾー

プロ野球・広島カープ大敗続きの悲壮感……メディア関係者も嘆き節の画像1
広島東洋カープ公式サイトより

 2016年から18年までセ・リーグ3年連続優勝を誇ったプロ野球、広島東洋カープ。佐々岡真司新監督に代わった今年は10月29日時点で借金8、リーグ5位と低迷している。

「今年は巨人に開幕ダッシュを許し、さらに新監督1年目ということもあって、選手起用にもあやふやさがあった。監督としての経験不足がいきなり露呈してしまった」(プロ野球OB)と采配のまずさを指摘。さりとて、「広島特有ともいうべき、若手が少しずつ頭角を現している。こういった選手たちを来年以降、どう起用するかは見もの」(同)と期待を寄せている。

 だが、リーグ3連覇をしながらいきなりBクラスに低迷するのには「別の理由があった」と話すのは事情を知る、さる球界関係者だ。そこはやはり、コロナ禍の影響が大きかったようだ。

「プロ野球はコロナ禍により開幕が6月にずれ込んだが、阪神タイガースや千葉ロッテマリーンズの新型コロナウイルス大量感染などの影響もあり、どの球団も外出・外食については制限をかけています。そのなかで、突出しているが広島でした。現在も本拠地、ビジターを問わず外食は厳禁で、外出なんてもってのほか。ビジターで唯一、許されているのはホテル近くにあるコンビニエンスストアへの買い出しだけで、そこでしこたま酒を買っては部屋飲みの繰り返し。近隣の飲食店でのテイクアウトもNGです。

 例年と違うペナントレースにおいて、息抜きの場が奪われてしまったことが低迷する一番の要因ではないかと思います」

 もっとも、リーグ優勝が近い巨人はビジターでの外食については人数、利用店舗などを事細かく事前に報告すれば認められている上に「下手に出歩けば、原監督からの厳しい制裁は避けられない」と恐れられている。

 厳しい規律で選手たちを守るのか、“永遠の若大将”のようにお目付け役が目を光らせるか。どちらが正しかったかの判断は、勝敗だけでは計れない難しいところだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/30 22:00

広島カープ、リーグ3連覇からいきなりBクラスに落ちた本当の「理由」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真