日刊サイゾー トップ > 芸能  > 物語が進むごとに歌詞の意味が判明する快楽
【短期集中連載】音楽ライターが検証する『大豆田とわ子と三人の元夫』のED評

「大豆田」ED曲、BIM再登場で判明した「Veranda」とドラマの関係性ー物語が進むごとに歌詞の意味が判明

文=斎井直史(さいい・なおふみ)

いまだリリックだけでは読み解け無いドラマの展開

 後日、とわ子の会社へ先日の男がスーツ姿で現れる。

 男は買収を持ちかけてきた会社の法務部部長・小鳥遊であった。しろくまハウジングの顧問弁護士である慎森も同席して対応し、小鳥遊から今までのとわ子の仕事の様子をハラスメントとして申し立て、社長解任を淡々と迫る。会社を思い、ハラスメントどころか逆に翻弄されていたはずのとわ子が窮地に立たされるとは、まさに「Good Loser」である。

 終盤の「他には見つけられっこない/だけど目と目が合わない」とは3人の元夫からみたとわ子であることは明白だが、この曲にはいまだ疑問も多く残っている。

 例えば、岡田による「この先もどうせ進まない要件」や「大丈夫さ/もう夢は覚ました」に応じる部分は、少なくとも筆者には思い当たらない。

 特にフロウがメロディアスになるハイライト「さんざん待った滑走路/飛んでく空/向かうcastle」の部分は、BIM自身もその部分をツイートしているところから、何かしらの意味が込められている可能性は感じる。しかし、波乱ばかりの劇中で、こんな開放感を思わせるシーンは皆無だ。松の歌うフックが前半と差し替えられている点からも、おそらくストーリーのクライマックスはまだ先になりそうだ。

 もちろんエンディング曲のすべてが緻密にストーリーを暗示しているとは思わないが、第1話のラジオ体操のフラグすら回収してくるストーリーゆえ、どこにヒントが隠されているかもわからない。

 このまま順当に行けば次週のEDはNENEとなりそうだが、今回のビデオにはin-dとVaVaが登場していたところから、次週はRyugo Ishidaが登場するかもしれない……が、最終話までにもうひとりくらいのサプライズに期待もしたい。

 願わくば「夜を使いはたして」でSTUTSと名曲を残したPUNPEE。もしくは「つまり街は君含め孤独だから」という岡田のリリックを、「孤独も良しと知る」男、JJJが拾っても趣深いと筆者は妄想するのであった……。

斎井直史(さいい・なおふみ)

斎井直史(さいい・なおふみ)

音楽ライター。主な執筆の場はOTOTOYでの『パンチライン・オブ・ザ・マンス』の連載。その傍ら年に数回、他媒体での寄稿を行う。

Twitter:@nofm311

最終更新:2021/05/30 19:00
12

「大豆田」ED曲、BIM再登場で判明した「Veranda」とドラマの関係性ー物語が進むごとに歌詞の意味が判明のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

ジョブズもハマった禅僧、驚愕人生と素顔

 スティーブ・ジョブズが師と慕い、一時は生活を共にした禅僧・乙川弘文(おとがわ・...
写真