日刊サイゾー トップ > 芸能  > 爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護!

爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護! 雑な発言相次ぐIOCに疑問だらけの出演陣にくってかかる一幕も

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

[入稿済]爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護! 雑な発言相次ぐIOCに疑問だらけの出演陣にくってかかる一幕もの画像1
TBS『サンデージャポン』公式サイトより

 30日放送のTBS『サンデージャポン』では、オリンピック開催問題について特集。爆笑問題の太田光が国際オリンピック委員会(IOC)への批判に猛反論。「IOCは政府をフォローしている」と熱弁した。

 東京都はオリンピック・パラリンピック期間中、都内6会場でパブリックビューイングを行う予定で、渋谷区代々木公園では6月1日から会場の設営が開始となり、すでに種目の選定作業は進められている。

 ただし、コロナ禍でのパブリックビューイングには疑問の声が上がっていて、設営工事の中止を求める署名には、約10万人以上が賛同している。

 これにタレントのりゅうちぇるは「コロナの感染を考えた時に、子連れで住んでるファミリー層が心配ですし、できればやめて欲しい」との弁。また、元経産官僚の岸博幸は「安全安心に開催するとか言いながら、具体的な内容をわかりやすくしっかり国民に説明していない。だから反対が多い中で、パブリックビューイングを準備をしますっていうのは、全く順番が逆」と出演者が次々に異を唱えた。

 一方太田は、自身が所属している事務所が主催しているお笑いライブ「タイタンライブ」についてあげ、いつ中止になるかわからないが、開催予定日から逆算して準備を進めていると話し、「このパブリックビューイングもやるかやらないか、一応イベントやる側としては両方構えていて、ここでやるならこっから始めなきゃいけない、ということで(準備を)始めたんじゃないかなっていうのは思う」とコメント。

 その後「だとしたらそういう説明を不安にならないようにするべきだった」と付け加えたものの、主催側の意図をふんだんに汲み取ってコメントをした。

 また、IOCバッハ会長の「日本人は逆境に耐え抜く能力をもっている」、最古参委員パウンド氏の「アルマゲドンに見舞われなければ東京五輪は開催されるだろう」など、問題発言が紹介されモデルの藤田ニコルが「みんな根が悪いジャイアンみたいな。根が悪そうなやつらが集まってる」とコメントすると、太田はこれに「そういう風に見えるんだけど。欧米人の表現っていうのを、どういう風に解釈するか」と言語の違いを指摘した。

 太田はスタンダップコメディを例に挙げて、おもしろいと言われているがオーバーで表現が強いから、日本人の性質には合わないと説明し「決して俺は悪気があるって感じじゃないと思う」と擁護。「もっと言えば日本政府がやるって言ってるんだから、IOCはそれをフォローしているんですよ。つまり日本政府は彼らを庇わなきゃ駄目だと思う。菅さんがね」と、政府側へ批判を向けた。

12

爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護! 雑な発言相次ぐIOCに疑問だらけの出演陣にくってかかる一幕ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真