日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 五輪聖火リレー続々辞退が抱える問題点

五輪聖火リレー続々辞退――最大の問題はスポンサーの「露出大幅減」だった

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

五輪聖火リレー続々辞退――最大の問題はスポンサーの「露出大幅減」だったの画像1
所属事務所ウェブサイトより

 今週、聖火リレーが行われる鳥取県の平井伸治知事が、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から著名人のリレー参加を要請していることに、関係者の間で動揺が広がっている。

 21日に日吉津村を走る予定だったお笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひろも辞退を発表。コンビで共有している公式インスタグラムでは走行ルートが公道ではなく「人がいない場所を走ると聞いていた」というが、実際には一部で公道を走ると誤解される報道があったことを確認。その上で「私が走ることで大切な地元の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けする可能性が多少でもあることは本意ではない」として「走ることへの不安を覚えた」と辞退理由を明かした。

 聖火リレーを担当する現場関係者は「同県ではまひろと同じく、地元出身のお笑いタレント・イモトアヤコやバルセロナ五輪マラソン銀メダリストの森下広一氏がリレー走者として選ばれていましたが、いずれも辞退を発表しています。五輪聖火リレーの目的の1つは、各地の文化や名所を走ってアピールすること。絶好の宣伝の機会を自治体トップが止めている重さを政府も理解してもらいたいところですけどね」と話す。

 3月下旬から始まった聖火リレーを巡っては運営の不備をはじめ、スタッフのコロナ感染、沿道の見学者の密集問題などあらゆる事態が発生したが今、最も問題なのは露出の急激な低下だという。

「聖火リレーは自治体枠、スポンサー枠などがあり、それぞれが走者を選考して走らせる予定でした。ところが、これだけ問題になった上、辞退者も続出している。そうすると予定していたメディアへの露出が無くなっています。聖火リレーが通過する前には世界展開している大手飲料メーカーのキャラバンカーが走るなど、スポンサーのPRの場にもなっていますが、それも話題にすらなっていません。巨額の協賛金を払ったのに回収できないとすれば、企業からすると失敗の部類になる。何とか露出を増やしたいところですが、仮に増えても今度は『コロナ禍で五輪推進派企業なのか』と批判の的になってしまう。企業の担当者はもちろん、運営関係者もかなり頭を悩ませています」(同)

 コロナ禍を全く想定していない中での「露出ありき」で全てが計画され、実行に移された聖火リレー。今後注目集めるのは打ち切りのタイミングなのかもしれない。

 

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/05/25 06:00

五輪聖火リレー続々辞退――最大の問題はスポンサーの「露出大幅減」だったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

家茂に囁かれた“秘密の側室”の存在

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真