日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > A.B.C-Z河合郁人の“ジャニーズドリームグループ”がベタ過ぎ!?

A.B.C-Z河合郁人が選ぶ“ジャニーズドリームグループ”がベタ過ぎ!? 大物ぞろいで賛否両論!

文=藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

公式サイトより

 6月7日、『霜降りミキXIT』(TBS系)にA.B.C-Zの河合郁人が出演。自身が考える「ジャニーズ最強ドリームグループ」を発表し、その人選がジャニーズファンの間で話題となっている。

 河合はMCの霜降り明星の粗品から「ジャニーズのメンバーで一番食事に行く人物」を質問されると亀梨の名をあげ、「亀梨くんには10代の頃からお世話になっていて、お互い20歳過ぎて大人になった時にフグに連れて行っていただいて」と仲良しエピソードを披露。その際、亀梨がシャンパンを頼み、フグとシャンパンという組み合わせが合うことを教えてもらった、と嬉しげに語っていた。

 さらに番組内で「誰よりもジャニーズを愛する河合さんが考えたジャニーズの最強ドリームグループを発表」というコーナーになると、河合は「すごいマニアックですよ!」「皆さんのこと置いていってしまうかも」と共演陣に前置きしながら、メンバーに木村拓哉、松本潤、亀梨和也、玉森裕太、平野紫耀の5人を選出。

 その理由として、木村に関しては「唯一無二の存在!最強のエンターテイナー」というキャッチコピーをつけ「かっこいいだけじゃなく、コントとかバラエティにも常に全力」「僕の中で神さま的存在」とべた褒め。松本に関しては「視野の広さNo.1イケメン」というコピーをつけて、ライブの演出や構成をすべて行っていることを評価。「ジャニーさんの次に僕の中では演出がカッコいい」と発言していた。そして三番目には先述の亀梨をセレクトし「抜群のMC術」と紹介。プライベートで食事をした際は「一番喋ったり回したりする」一面があると明かし「本気出したらジャニーズ1MC上手いんじゃないかな」と推測していた。玉森に関しては「母性本能をくすぐるキュート過ぎる男」とコピーを付けて、後輩ながらタメ口で話す仲だと明かし「キュンキュンするんですよね。声のトーンといいますか」とその魅力を解説。最後には平野を「全世代に好かれる天然イケメン」とし、「平野は3ついいところを持ってるんです。カッコいい、かわいい、天然ボケ。この顔でその3つを兼ね備えたら敵わないじゃないですか」と称賛していたのだった。

 この河合の考案した「ドリームグループ」について、ネットでは「ドリームすぎて眩しい」「シャッフルメドレーで実現してほしい」といった声がある一方、「ふ~ん、ベタだな」「口だけジャニオタの考えるようなジャニーズ最強チームやな笑」といった辛口の声も……。

「ジャニオタを自称する河合さんにしては、あまりにもグループのセンター級の人物をセレクトしすぎな感はありますね。テレビ用の企画なのでわかりやすい面子にしたのでしょうが、たしかに“ベタ”と言われても仕方がない人選かも……」(芸能事務所スタッフ)

 河合ほどのジャニーズ愛の持ち主なら、もっとマニアックな人選のドリームグループにしてほしかった、というジャニーズファンは多かったようだ。

藤川響子(ふじかわ・きょうこ)

最終更新:2021/06/10 09:30

A.B.C-Z河合郁人が選ぶ“ジャニーズドリームグループ”がベタ過ぎ!? 大物ぞろいで賛否両論!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

不動の人気・目黒、再開発でどうなる!?

 過去に雑誌「東京カレンダー」にも特集され、「...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真