日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 前田日明と「リングス」の曳航(1)
リングス旗揚げ30周年記念 短期集中連載『天涯の標』

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.1】UWF解散、引退説、そして新団体へ

文=片田直久(かただ・なおひさ)

前田に手を差し伸べた人物たち

【格闘王・前田日明とリングスの曳航 Vol.1】UWF解散、引退説、そして新団体への画像4
まさにライバルであり盟友だったクリス・ドールマン(画像は、1992年の有明コロシアムでの一戦から)

 〈ドールマンは俺のことを心配して、何回も連絡をくれたんです。UWFが解散して、「前田は引退するらしい」っていう噂を聞いたらしくて。

 去就については何も言ってなかったんですけど。周りの憶測でそういう話になっちゃっていた。

 あいつにはすでに契約金を渡してたんです。だいたい1000万円ぐらいのお金でした。申し訳ないから、

「俺のミステークでこうなってしまった。君らの失敗や責任ではない話だから。そのお金はもう全部あげる。気にしないでくれ」

 って言いました。そしたら、あいつはこう言ったんです。

「お前ができるところまで、二人で頑張ってやろうじゃないか」〉

 ドールマンからの申し出は意外なものだった。

「俺も道場に集まってくる若い者の面倒を見ている。やんちゃな連中が多いけど、みんな真面目で純粋な奴らだ。こいつらをそのまま放っておいてたら、犯罪に走ったり、妙な事件に巻き込まれたりするに違いない。見てられないような奴ばかりだ。こいつらのためにも何かしたい。格闘技を一生懸命やったら、それで飯が食える。そんな道を俺が見つけてやりたい。せっかくお前と出会って、その道が拓けてきたと思った矢先にUWFが解散した。引退なんて考えないでくれ。できるところまでやろうじゃないか」

〈「ああ、そうなんか」と思った。申し訳ないなと。〉

 前田はユニバーサル時代を思い返していた。旗揚げシリーズが終わったあと、新団体は早くも行き詰まりを見せる。猪木が来ないのは明らかだ。髙田を通じて新日側から前田に指令があった。

「お前だけは帰ってこい」

 前田は断った。ユニバーサルに集まった選手やフロントの社員。彼らに対する責任はどう取るのか。将来のメインイベンターとして古巣に約束された厚遇など、どうでもよかった。

 新生UWFで遮二無二突き進んできた自分の背中を遠いオランダの地で見つめている男がいた。ここにもすでに責任が生じている。知らん顔などできなかった。

 ドールマンの道場に集っていた清廉で凶暴な仲間たち。ディック・フライやヘルマン・レンティング、ハンス・ナイマン、ウィリー・ピータースら「リングス・オランダ」の面々は前田の決起によりプロのファイターへと転身する。

 同じころ、前田に手を差し伸べた人物がもう一人いた。小川賢太郎。すき家をはじめとする外食チェーンを束ねるゼンショー代表取締役会長兼社長兼CEOである。

 〈小川さんはすごく応援してくれたんです。俺が一人で朝から晩まで引きこもって考え事をしているときに心配してくれた。

「明日のことなんか、そんなに考えてもしょうがないじゃないか。あなたは若いときから武道をやりながら生活してきたんでしょう。だったら、体を動かしながら考えたらどうだ」

 そう言って、道場を無償で用意してくれました。バーベルやダンベルなんかの器具も全部そろえてくれて。リングスはそこから全てが始まったんです。

「できるところまでやってみる。それで万歳したら万歳したでしょうがない。そこまでやれば、みんな納得してくれるだろう」

 そう思えました。「じゃあ、やろうか」って。ようやく気持ちが切り替わったんです。〉

(Vol.2に続く)

 

■前田日明の最新著作
『日本人はもっと幸せになっていいはずだ』

日本を憂う最強・最後の論客、前田日明降臨!!! 日本が抱える数々の問題、尖閣、竹島、コロナ、南海トラフなどを鋭い舌鋒で快刀乱麻! 前田日明の憤りのすべてが詰まった問題の書。(定価1400円+税) 
amazonほか、全国書店で発売中

片田直久(かただ・なおひさ)

片田直久(かただ・なおひさ)

1968年宮崎県日向市生まれ。出版社、編集プロダクション勤務を経て、現在はインディペンデントとして政治や医療、経済、抵抗文化などの分野で企画・取材・執筆・編集に携わる。渡世上の師は作家・大下英治。2020年よりYouTube「前田日明チャンネル」で合いの手を担当。現在、「リングス」について鋭意取材敢行中。日本ジャーナリスト協会運営委員。著書に『タモリ伝』(コア新書)。

最終更新:2021/06/19 21:48
12345

【格闘王・前田日明と「リングス」の曳航 Vol.1】UWF解散、引退説、そして新団体へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

望月歩、月9『朝顔』で存在感見せる

 今年、大河ドラマ『麒麟がくる』や、連続テレビ小説 『エール』に抜擢された望月歩は、...
写真