日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木唯、同局新体制でエース格上げか?

岡田将生との熱愛が発覚したフジ鈴木唯、同局新体制でエース格上げか?

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

岡田将生との熱愛が発覚したフジ鈴木唯、同局新体制でエース格上げか?の画像1
鈴木唯 フジテレビ 公式サイトより

 6月4日発売の「フライデー」(講談社)で俳優の岡田将生との熱愛が発覚した、フジテレビの鈴木唯アナウンサーだが、一躍、その存在が注目を浴びることになった。

「2016年に入社して今年で6年目。現在は『めざましテレビ』、『Live News α』などを担当しているが、まだまだ地味な存在だった。ところが、早稲田大学・国際教養学部出身で在学中に米・ワシントン大学に留学。TOEICは満点の990点を記録したほどの英語力で、『めざまし』の企画ではレオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットに英語でインタビューできたほどの才媛として知られている」(フジ関係者)

 同局に入社する女子アナたちといえば、各大学のミスコン受賞歴のある女子アナが多く、採用はビジュアル重視の印象。

 しかし、その結果、今春の改編で『めざまし』のメインキャスターに抜てきされた、鈴木アナの後輩・井上清華アナ、『News α』のメインキャスターをつとめる三田友梨佳アナら“ステマ疑惑”が報じられ、当事者全員が謝罪する事態に陥ってしまった。

「『週刊文春』(文藝春秋)が報じた“ステマ疑惑”だが、同じ都内の美容室でサービスを無償で受ける代わりにSNSでさりげなく宣伝するという古典的なもの。結局、関わった女子アナたちは中身よりもビジュアル重視で、ついつい甘い誘惑に乗った結果、とんでもない事態になってしまった。鈴木アナはそんな誘いにまったく興味を示さなかったようだが、美容室通いよりも、岡田との時間の方が大事だったのでは」(芸能記者)

 この事態とどこまで関係があるかは謎だが先ごろ、同局は今月の株主総会の承認を経て、フジテレビの遠藤龍之介社長が同局の副会長に就任し、新たにフジ・メディア・ホールディングス(HD)の金光修社長が両社の社長を兼任する人事を発表したが、どうやら、金光新社長の体制では、“大ナタ”が振るわれることになりそうだという。

「金光氏はかつて『料理の鉄人』などの人気番組を仕掛けた実力派。そのため、女子アナも実力重視で登用することになりそうで、その筆頭格とされているのが鈴木アナ。今秋、『News α』のメインキャスターを三田アナからバトンタッチされることになりそう。岡田との交際については局内で〝歓迎ムード〟が漂っているので問題ない」(先のフジ関係者)

 鈴木アナは一気にエース級への格上げもありそうだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/06/12 21:00

岡田将生との熱愛が発覚したフジ鈴木唯、同局新体制でエース格上げか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

格闘夫婦による愛と復讐のストーリー

「愛は平和ではない。愛は戦いである」  梶...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真