日刊サイゾー トップ > 社会  > 「アンチNetflix」スピルバーグも手のひら返し!

「アンチ動画配信サービス」のスピルバーグ監督も手のひら返し! Netflixの懐の深さとは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

映画界の巨匠として世界中に知られるスティーブン・スピルバーグ氏が、Netflixと映画製作契約を結んだ。“アンチ動画配信サービス”として有名だっただけに、ハリウッド関係者は驚きを隠せないようだ。一体、スピルバーグ氏に何があったのだろうか。東洋経済オンラインの調査取材による記事をもとに考察を進めていこう。

新型コロナの影響であいまいになった“配信と劇場の境目”

(Image:Top_CNX / Shutterstock.com) アンブリン・パートナーズはNetflixとも契約したが、ユニバーサルとの契約も続行する

 スピルバーグ氏が会長を務める製作会社アンブリン・パートナーズは、今後Netflixに映画を提供していくと発表した。スピルバーグ氏は「配信作品がアカデミー賞をぶち壊す」と信じてやまなかったし、“アンチ動画配信サービス”の立場としてメディアで発言もしていたのは有名な話。それだけに、このニュースは業界関係者の度肝を抜いたとみられている。

 ではなぜ、スピルバーグ氏はNetflixと契約するに至ったのだろうか。その理由の一つに、やはり新型コロナによる影響があったことは否定できない、と東洋経済オンラインは分析する。ロサンゼルスやニューヨークでは、2020年3月から2021年3月まで映画館は完全閉館されていた。この影響によ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/01 11:30

「アンチ動画配信サービス」のスピルバーグ監督も手のひら返し! Netflixの懐の深さとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真