日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!

釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!

釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!の画像1
写真/河西遼

 コロナを予見したと話題のパンデミックホラー映画『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・染』がいよいよ7月2日に公開される。同作では海外進出一作目となる釈由美子さんが作品の重要な役どころとなる妊婦のOL役を熱演。そんな彼女に作品の魅力や撮影エピソードを直撃リポートした。

――同作が海外映画初出演ですが、オファーの経緯は?

釈由美子(以下、釈) 監督のフランチェスコ・ジャンニーニさんが〝ナオミ〟という妊婦の日本人OL役を探していたところ、私が過去に出演した『ゴジラ×メカゴジラ』や『修羅雪姫』などを見ていただいてオファーをいただきました。どこか影があるけど、強い芯を持っている〝戦う女性〟というのがナオミのイメージだったみたいです。

――初の海外作品ということで不安はありませんでしたか?

 子どもを産んでから映画に出演していなかったのですが、ひと段落したということもあって「やってみたいな」と。純粋に海外映画の現場に興味が湧いたこともあって、〝武者修行〟するつもりで出演を決めました。

――言葉の壁があって大変そうです。

 以前に『英語でしゃべらナイト』(NHK)という番組に出演していましたが、さすがに15年前なのでゼロからのスタートという感じでした。現場入りする前に英語のコーチングスクールとか、オンライン英会話で必死に勉強する毎日。ある程度は英語に慣れてきたんですけど、現場入りして大失敗に気づきました。

――失敗ですか?

 この作品はカナダのモントリオールで撮影したんですけど、フランス語圏なんですよ。なので、スタッフさんとのやりとりは英語とフランス語が混在する感じで、ほぼ通じなくて……。最終的には開き直って、ジェスチャーを交えてなんとか意思疎通しました。

――現地のコーディネーターはいなかったのでしょうか?

 最初は日本語が話せる現地の方がいらっしゃったんですけど、やはり人を介在すると的確なコミュニケーションが取れないかなと。それでひとりでやってみようと決めて、たった1人で現場入りしたんです。

――マネージャーさんがサポートしてくれたり?

 いえ、カナダには本当にひとりだけで行ったんですよ。

――え、釈さんだけですか?

 当時の事務所にも英語を話せる人はいないし、それなら1人で行きますと。まあ〝武者修行〟ですから(笑)。

――それはハードな現場でしたね。

 撮影はホテルのフロアを借り切って行われたので、撮影が終了するとそのままホテルの部屋に直行するという感じでした。撮影は2週間くらいでしたが、その間はまさにロックダウン状態。移動がないのはラクでしたけど、朝昼晩の食事がずっとホテルのレストランでちょっと飽きてきたりしましたね。あと、メイクのままで食事することもあって、ホテルに普通に宿泊していたお客さんがビックリするみたいなハプニングもありました。

――ちなみにオフの日は何をされていました?

 当時のモントリオールは真冬で夜はマイナス20度なんて日もざら。マネージャーもいなかったので、ずっとホテルにこもっていました。唯一カナダのお店に出かけたのはダウンジャケットを買ったくらいかな。

――カナダグースの本場ですもんね。

 というか、日本の現場だと待機場所で暖を取れるんですけど、向こうの現場ではまったく用意されていないんです。日本から用意していったのは作品でも着用しているトレンチコートだけで、夜のシーンはマイナス20度ですから、待機していると本当につらくて。映画のスタッフからは「キャリアウーマン風の衣装を用意してきて」と言われていただけで、さすがに待機場所みたいなものはあるだろうと過信してましたね(苦笑)。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed