日刊サイゾー トップ > 社会  > 楽モバ、半導体不足で基地局整備に狂いが

楽天モバイル、携帯基地局整備計画に狂いが! 世界的な半導体不足がキャリアを襲う

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

携帯電話キャリアの楽天モバイルは7月27日、現在全国展開に邁進中の自社回線の基地局整備が計画よりも遅れる見通しを明らかにした。楽天モバイルといえば、2020年4月のキャリア参入から破竹の勢いでユーザー数を拡大させていることが知られている。この計画の狂いが、今後の事業拡大に悪影響を及ぼさないといいのだが大丈夫なのだろうか…?

半導体不足が気鋭の楽天モバイルにも影響か

現代の電子機器には多数の半導体が使われている

 楽天モバイルの計画の遅れは、現在世界的に巻き起こっている“半導体不足”が原因とされている。ここ1年ほど、自動車産業が減産を強いられるなど大打撃を受け話題となっていた半導体の供給量の低下の影響が、ついに携帯電話通信の業界にも及ぶようになったのだ。

 そんな見通しの利かない現在を反映してか、楽天モバイルのHPでも楽天回線エリアについて「2021年内に人口カバー率96%へ拡大予定」と表記を変更したうえで「※時期は、世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります」と注意書きが添えられている。半導体不足のさらなる余波もあり得ることに言及するあたり、やはりこの唐突な下方修正自体、想定外の事…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/07/31 09:30

楽天モバイル、携帯基地局整備計画に狂いが! 世界的な半導体不足がキャリアを襲うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

HUNGER(GAGLE)が語った3.11のこれまでとこれから

 2011年3月11日14時46分――甚大な被害を及ぼした東日本大震災から10年とい...
写真