日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ラヴィット!』こそ令和の『笑っていいとも!』だ

『ラヴィット!』は令和の『笑っていいとも!』だ──麒麟・川島は「タモリの後継者」になれるか

文=田井じゅん(たい・じゅん)

『ラヴィット!』は令和の『笑っていいとも!』だ──麒麟・川島は「タモリの後継者」になれるかの画像1
『ラヴィット!』(TBS系)公式サイトより

 異色のお笑い番組として独自のポジションを築きつつある、TBS系朝の帯番組『ラヴィット!』。──ついに、朝の生放送番組としては異例の「前日の番宣スポット」が流れるようになった。

 8月11日には『水曜日のダウンタウン』終了後などの時間帯に、翌12日放送の『ラヴィット!』の番宣スポットが流れた。<明日の『ラヴィット!』はニューヨーク・嶋佐のリアル家探し!>といったナレーションとともに、そのロケの映像を流すというもので、まるでゴールデンタイムのバラエティー番組の宣伝のような内容であった。

「生放送の帯番組で前日にスポットを流すなんていうのは、前代未聞。あまり聞いたことがないですね。TBSとしても、同番組を完全に“バラエティー番組”と認識しているということでしょう」(テレビ局関係者)

 芸人のロケや人気グルメのランキングのVTRを軸にして、その途中で行われるクイズコーナーでは、パネラー芸人たちの「大喜利大会」が行われることでも人気の『ラヴィット!』。MCの麒麟・川島明は、元テレビ東京・佐久間宣行プロデューサーのYouTubeチャンネルで、「(ラヴィット! を)完全なバラエティー番組にしてほしい」と要請していたことを明らかにしている。

「川島さんとしては、少しでもニュースの要素が入っている番組であれば、MCのオファーは断っていたそうです。だからこそ、完全バラエティーな『ラヴィット!』になったわけです。TBSとしても、朝の帯番組の大幅リニューアルを狙っていたのでしょうね」(同)

 かつてないスタイルの朝の帯番組となっている『ラヴィット!』だが、業界内での評価は高い。同番組が“新たなスタンダード”となっていく可能性も指摘され始めている。

「帯番組のバラエティー番組というと、フジテレビの『笑っていいとも!』が最大の成功例でしょう。『いいとも』終了後は、その存在が偉大すぎたのか、なかなか帯のバラエティー番組に挑戦するテレビ局はありませんでした。ですが、『ラヴィット!』は『いいとも』のような超人気番組になる可能性を秘めていますよ。芸人たちも、今いちばん“お笑いができる番組”として、『ラヴィット!』に出演することを楽しんでいますからね。TBSにとっては大きなチャンスでしょう」(構成作家)

 裏番組の辛気臭いワイドショーを蹴散らして、麒麟・川島が「令和のタモリ」となる日も近いかも?

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/08/16 06:00

『ラヴィット!』は令和の『笑っていいとも!』だ──麒麟・川島は「タモリの後継者」になれるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真