日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 土屋太鳳、出演作は低迷、マラソンも…

土屋太鳳、出演作は低迷、マラソンも…「5年間睡眠3時間」生活は報われなさすぎ!?

土屋太鳳、出演作は低迷、マラソンも…「5年間睡眠3時間」生活は報われなさすぎ!?の画像1
テレビ朝日『激レアさんを連れてきた。』公式サイトより

 人気女優の宿命とはいえ、これはキツすぎるだろう。

 8月18日に更新されたテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』にて、16日に放送されたバラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』の未公開映像がアップされた。この回は女優の土屋太鳳が登場したのだが、その発言が物議を醸しているという。

「番組で土屋は、8年間在籍していた日本女子体育大学体育学部を今年3月に無事卒業したことを報告しました。その際、弘中綾香アナから『学業と仕事の両立でしたもんね』と振られると、土屋は『そうですね。5年くらい睡眠時間が3時間とか短い時期が続いていたのでボロボロの状態でなんとか乗り切ることができたなと』と告白。かなりのハードスケジュールだったことを明かしました。しかし、5年間も3時間睡眠というのは体調不良を起こしてもおかしくない生活。視聴者からも『これはさすがに異常』『芸能界とはいえ普通にブラックすぎるだろ』『人によっては心身共、病気になってもおかしくない』と所属事務所のタレント管理に疑問を呈する声が続出することとなりました」(芸能記者)

 土屋は2015年にNHK連続テレビ小説『まれ』に主演したことでブレイク。そこから一気に仕事が激増しているが、思い起こされるのが2016年の『オールスター感謝祭』(TBS系)での“あの事件”だ。

 「土屋は日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』の出演者として同番組の名物コーナー『赤坂ミニマラソン』に出場。激走の末、ゴールした際はその場に倒れ込んで過呼吸に。失神寸の事態となりました。彼女の“命がけの番宣”には共演者も大号泣したほどです。また、昨年は『24時間テレビ』(日本テレビ系)の『募金ラン』に参加していますが、テレビ局側からすれば、スタイル抜群の土屋を走らせることで視聴率を獲りたいという“裏テーマ”があるから。そのために土屋の睡眠時間や体力が削られていたのであれば、気の毒ですね。

 とはいえ、今年6月に公開された映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』のトークイベントでは、共演した田中圭が『太鳳ちゃんは自分が関わった作品は、ちゃんとヒット祈願しに行ってるみたい。人知れずに、一人で行くみたいでちょっとビックリした…』と明かしていますから、ある程度の自由な時間はあったと思われます」(週刊誌記者)

『まれ』で一躍国民的女優となった土屋は、CMタレントとしては大活躍だが、実はそれを超える大ヒット作はいまだに見当たらない。

「映画『トリガール!』『となりの怪物くん』『PとJK』『累−かさね−』、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)は大爆死。プロフィール欄の出演作を見ると正直、出なくても良かったのではと思うものも多い。また、大手芸能プロ所属とあって、彼女の出演作は大プロモーションを展開することも多いため、必然的に番宣出演も増える。ただ、メディア露出のわりに結果が芳しくないため、彼女が削った睡眠時間はあまり報われていないかもしれませんね」(前出・週刊誌記者)

 同じく人気女優の広瀬すずは、YouTubeでファンから睡眠時間を聞かれ「10時間以上」と答えているが、土屋も大学を卒業したことで仕事と睡眠の両立ができるようになればいいが……。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/08/26 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed