日刊サイゾー トップ > 芸能  > 上白石萌音が土屋太鳳を撃破!?

上白石萌音が土屋太鳳を撃破!“ポスト石原さとみ”をモノにしてラブコメの女王に

文=日刊サイゾー

上白石萌音が土屋太鳳を撃破!ポスト石原さとみをモノにしてラブコメの女王にの画像1
上白石萌音公式サイトより

 来年1月にスタートするTBS系ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(火曜夜10時)で上白石萌音が主演を務めることが明らかになった。上白石は、今年1月放送の『恋はつづくよとこまでも』に続く、TBSの火10ドラマ主演となる。

『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』は、ファッション誌の編集部を舞台としたラブコメディ。病院が舞台になった『恋つづ』と同様に職場における恋愛模様が描かれるという。

「『恋つづ』が好評だったということで、上白石萌音が一気に“ラブコメ女王”の座についたといえそう。もともと、この位置には石原さとみがいたんですが、結婚をしたことも影響して、人気がガタ落ちしている。これまで以上に“数字を持っていない女優”となった石原さとみの座を上白石萌音が奪い去ったということでしょう」(ドラマ関係者)

“ポスト石原さとみレース”では、多くのラブコメ映画で主演している土屋太鳳も有力候補と言われていた。

「土屋太鳳は男性人気は高いものの、女性からはあまり好かれていないんですよね。土屋に関するネットニュースには、女性ユーザーからのバッシングコメントが多数寄せられますし、知名度は高くても、スポンサー受けは微妙です。

 一方、上白石萌音は男性人気はあまりないのですが、正統派美女というよりは親しみやすいルックスということもあり、女性からは共感を得やすいタイプ。多少のアンチコメントはありますが、土屋のように“無条件で叩かれる”という感じではない。スポンサー受けもよくて、いわばテレビ向きの女優です」(同)

 土屋については、恋愛系の作品だけでなく、多様な作品に出演するようになってきている。

「来年2月公開の映画『哀愁しんでれら』では、凶悪事件を起こす女性を演じているんですが、その演技が素晴らしい。ラブコメ系の女優というイメージを一気に払拭しそうな勢いで、おそらく今後は“本格派路線”にシフトしていくと思われます。土屋サイドも“ラブコメ女王”の称号にはあまりこだわっていないようですし、そういったことを考慮しても、上白石萌音の“ラブコメ女王”君臨は揺るぎないものになっていきそうです」(同)

 親しみやすい女優・上白石萌音の時代が到来しそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/26 11:00

上白石萌音が土屋太鳳を撃破!“ポスト石原さとみ”をモノにしてラブコメの女王にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真