日刊サイゾー トップ > エンタメ  > おぎやはぎ小木、眞子さまと小室圭さんの結婚報道

おぎやはぎ小木、眞子さまと小室圭さんの結婚報道に「悲劇のヒロイン的なことになって今、盛り上がってるんですよ」

おぎやはぎ小木、眞子さまと小室圭さんの結婚報道に「悲劇のヒロイン的なことになって今、盛り上がってるんですよ」の画像1
おぎやはぎ (写真/Getty Imagesより)

 1日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で、レギュラー出演のおぎやはぎ小木博明が、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの年内結婚報道について「ショック」と本音を漏らした。

 2人は2017年9月に婚約が内定し、揃って記者会見したが、その後小室さんの母親と元婚約者との金銭問題が発覚し、結婚は延期となっていた。

 しかし記者会見から4年、年内には婚姻届けを提出し結婚後はアメリカで新生活の見通しで、一般の結納に当たる皇室行事「納采の儀」や結婚式など関連儀式は行わない方向で検討していると報じられた。

 MCの坂上忍が「なんと言われようと、小室さんとの愛を取ったんだっていうことなんじゃないの?」と小木に話をふると、小木は開口一番「そこは素晴らしいですよね」とべた褒め。

 しかし「あのー」と言いにくそうに話し出すと「今まではまさか、ご結婚されると思っていなかったので、小室さんに対してちょっと強く言ってしまったんですけど。こういう結果となってしまい、わたくしのほうもこれからはデリケートな問題なので発言の方も慎重にいきたいなと思うんですけど」と前置き。そして「ニューヨークに住むということで。しっかりしてますよね」と、またべた褒めしたのだがすぐに「前はプータローみたいなものだったじゃないですか」と小木節。

 カンニング竹山隆範がすかさず「コロコロ意見変わるからネットで叩かれるんだよ!」と突っ込むと、スタジオには笑いが起こっていた。

 小木は「だって結婚すると思ってなかったから、そん時」といい訳しつつも「ちゃんと卒業して資格も取ってちゃんと働かれる訳ですから。それはもう婿としては素晴らしいと思う」とさらに絶賛。すると、坂上は「最低だね。あんた最低だね」と以前までの小室さんへの態度を一変させた小木に冷たい言葉を投げかけ、おぎやはぎ矢作兼は、最初は叩くけど活躍したら手のひらを反す「メジャーリーガーのファンみたい」と例えていた。

 タジタジの小木だったが「今すごい祝福してますよ! ただこういうのって遠距離だし、2人の愛ってすごい盛り上がるんですよ。本当は実際、同棲とか、もっと会っていかないと上手くいくかわからない」とまともな意見も述べたのだが、坂上が「ちょっと孤立化したようなところがあったから、勢いにまかせてってところで」と同調すると「そう、そこで盛り上がっちゃうでしょ。若い2人って。悲劇のヒロイン的なことになって今、盛り上がってるんですよ。そこをあんまり邪魔するのもあれかなって……でもなんか、ショックですよね」とついに本音がポロリ。

「この状態でニューヨークに住むって時点で、ヘンリーとメーガンに影響されちゃったなってところありますよね」と、小木の大好物の英国王室問題に絡めて持論を爆発させていた。

 小木は過去に同番組内で自分が親だったら娘と小室さんの結婚を許すかという話題に「金ねぇヤツがなんで俺の娘と結婚って……」と手厳しいコメントをするなど、2人の結婚には否定的な立ち位置を取っていた。

 結婚を祝福したい気持ちはあるようだが、複雑な心境を一切隠せず、小木節炸裂の放送となった。

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2021/09/17 13:34
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed