日刊サイゾー トップ > 社会  > 「シン・エヴァ」がアマゾン独占だった理由

「シン・エヴァ」独占配信をアマゾンで行った2つの理由を解説! 必然的とも言える親和性があった!?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「え、もう家で見られるの!?」2021年3月8日に劇場公開、7月21日に上映終了されたばかりの「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の配信告知CMを目にしたとき、驚いた人も多いはず。しかし、上映終了からほどなく配信を開始するケースや、劇場公開と同時に配信を試みるケースは近年増えているという。では、なぜこの話題作はAmazon Prime Video(プライム・ビデオ)で独占公開することになったのだろうか。

日経XTRENDによる、同作を制作したカラーの緒方智幸代表取締役副社長らへの取材記事をもとに、その理由を紹介していこう。

第1の理由、配信地域の広さ

 シン・エヴァンゲリオン劇場版といえば、コロナ禍で苦戦する劇場作品が多いなか、累計興行収入100億円以上を記録して話題となったばかり。人気作なので長期にわたって放映されることになるかと思いきや、7月21日には上映終了となった。そして、上映終了と同時に8月13日からプライム・ビデオのプライム会員向けに独占配信されることが発表された。配信するならば、プライム・ビデオの他にもNetflixやU-next、Huluなど多くの選択肢が…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/09/03 14:30

「シン・エヴァ」独占配信をアマゾンで行った2つの理由を解説! 必然的とも言える親和性があった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真