日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 草笛光子と中谷美紀に漂う「嫁姑」感

草笛光子と中谷美紀、ベテラン女優による「仲良しの嫁姑」感漂う軽妙な応酬が楽しい『ボクらの時代』

文=宇原翼(うはら・つばさ)

草笛光子と中谷美紀、ベテラン女優による「仲良しの嫁姑」感漂う軽妙な応酬がおもしろい『ボクらの時代』の画像
土屋太鳳 公式Instagramより

 9月5日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に草笛光子、中谷美紀、土屋太鳳の3人が出演した。

 中谷と土屋は2016年のTBS系ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』で、土屋と草笛は2015年度上半期のNHK連続テレビ小説『まれ』など、それぞれに共演経験があり、プライベートでも交流のある女優という組み合わせだが、やはり興味深かったのは草笛と中谷の関係だろう。中谷は草笛を「お母さん」と呼んで慕っているが、そのきっかけは2013年の三谷幸喜演出の舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』で母子の役柄で共演したことにあるという。そういえば、同年に放送されたスペシャルドラマ『花の鎖』(フジテレビ系)では、同じ女性の若い頃を中谷、晩年を草笛が演じたこともあった。

 以来、ふたりは親交を深めていたが、今回の『ボクらの時代』はその仲の良さが存分に伝わってきた。のっけから、「いろいろめちゃくちゃにされたわね、コロナに。あの野郎、憎らしいわねぇ」と新型コロナウィルスに恨み節をぶつける草笛。続けて、草笛の弔事を中谷がすでに書いたという話題を出し、「もうすごい、立派な文章。だからあたし死ななきゃいけなくなってきちゃった」と冗談を飛ばす。中谷も「先に書いちゃったの」と悪びれもなく笑い、草笛が「(弔事の)最後はひどかったわね。ゴキブリと母さんだけは生きてるのよね?」と言うと、中谷は「そうそう。核戦争が起こったとしても、ゴキブリと草笛さんだけは生き残るであろうと」と説明していた。これが本当の話なのか、はたまた名女優たちによる即席の“お遊び”なのかは定かではなかったが、当惑する土屋に対し、上機嫌な様子の草笛と中谷だった。

 中谷が夫と過ごすオーストリアの片田舎での生活を綴った『オーストリア滞在記』(幻冬舎文庫)を出した話になると、草笛は掲載されていた手料理について「あれ本当? 全部作ってんの?」と疑い、現地でのコロナ禍の生活をひとしきり聞いた後では唐突に「ドイツ語ちょっと喋って」とリクエスト。中谷も「お母さんひどい!」と言いながら笑顔で反論する。草笛が中谷と夫のところに会いに行ったという話では、「楽しかった。また行きたい」と振り返った草笛が「誰か恋人がいたらいいから……そういう人探しといて」と言い出すと、中谷も「はい、承りました。マッチングアプリで探します」と応じる。ポンポンと言葉が飛び交い、楽しげにやり合う。普段からこんな感じなのだろうと想像できるやり取りだった。

 87歳になっても、大女優となった今も、意欲と向学心に溢れた草笛の姿も印象的だった。コロナ禍でテレビを見ていて、「滑舌」と「聞き手に伝わるしゃべり」の難しさを改めて痛感したという草笛。俳優という仕事について「あたしたちは(平面に書かれている)字を“立たせて”、字を動かしてるわけじゃない? 身体でね。本の字を動かして、身体を通して伝えるっていう仕事だなとつくづく思った」と語っていた。

 血液検査をしてもまったくの健康だという草笛だが、寝る時に「老い」を感じるそうで、「わたし、『老いとは億劫との戦いです』ってよく言ってんの。今こうやって立つにしたって、よいしょって立たなきゃなんないでしょ。これ億劫よね」「だからやっぱり、億劫と戦ってんのよ、毎朝。毎日」と語る。そのために、普段から運動をして「億劫」に打ち勝つよう努力しているのだとか。草笛は以前にインタビューで、70代に入ってからパーソナルトレーナーをつけて鍛えていると明かしていたが、だからこそ元気なのだろう。草笛は食事も、バランスボールに乗って取っているのだという。

 草笛の健康に関するトークになった際も、中谷との軽妙な応酬は続く。草笛宅でとんかつをご馳走になったという中谷は「お母さんが4つあったうち3つ食べちゃったの」と暴露。これに草笛は「やっぱ食べ物の恨みってすごいわねぇ」と皮肉っぽく返し、「(とんかつのサイズは)小さかったでしょ?」と確認すると、中谷は「小さいのちょっとずつ。ほら、お母さんが喉に詰まらせて死んじゃうといけないから」とやり返し、笑っていた。

 SNSでもふたりの関係性を楽しく見たという声が多く上がっていたが、「まるで仲良しの嫁姑のよう」という指摘が一番しっくりくるかもしれない。ぜひまた共演してほしいものだ。

宇原翼(うはら・つばさ)

宇原翼(うはら・つばさ)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

最終更新:2021/09/18 22:14

草笛光子と中谷美紀、ベテラン女優による「仲良しの嫁姑」感漂う軽妙な応酬が楽しい『ボクらの時代』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

中居がサンドに「ラジオつまんねえ」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真