日刊サイゾー トップ > 芸能  > 熊田曜子、テレビ局が注目する今後の動き

熊田曜子、テレビ局が注目する今後の動きと地元からも「出禁」状態

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

熊田曜子、テレビ局が注目する今後の動きと地元からも「出禁止」状態の画像1
熊田曜子 アーティストハウスピラミッド 公式サイトより

 3児の母親でタレントの熊田曜子が四面楚歌に陥っているーー。

 今年5月に夫の「DV騒動」が週刊誌で報じられたことを機に夫婦間の暴露合戦に発展していたが、実はその中身について物言いがついている。芸能関係者が語る。

「熊田曜子の夫はメディアを通して、妻の不倫疑惑をほのめかしていました。そのお相手とされる男性とのSNSや電話でのやり取りの一部始終を出していました」

 このやり取りの真偽はさておき、暴露合戦でタレントイメージには大きな疑惑がつけられている状態の熊田だが、それでも10代から第一線でグラビアアイドルをこなした鋼のメンタルはさすがだ。

 9月初めにはファッションショー「関西コレクション」に金ピカの水着姿で出演、鍛えた体にネット上では大きな反響が。20日には格闘技イベントを生観戦したことを自身のSNSで報告し「金子晃大選手のイケメンで強い姿に惚れ惚れした」と感想を語り、会場前での写真を添え、存在感をアピールしたが……。ただ、なぜか“後”が続かない。テレビ局関係者は「ご本人は情報番組のコメンテーター枠への復帰を強く望んでいるようですが、今の状況では厳しいですね」と苦笑いしている。

「今、テレビの制作スタッフからすれば、熊田さんの完全な身の潔白が証明されるまで、出演オファーは控えないといけない、という状況です。理由は主婦層から反感を買う疑惑が浮上しているから。夫婦暴露合戦の中では、大人のおもちゃがどうとか、生々しい部分まで触れられていましたよね。離婚騒動が今後、どんな形で決着するかは全く未知数ですが、このままいくと法廷闘争になる可能性が高い。もし仮に、夫が主張しているような内容が認められれば、高感度を売りにする “タレント生命”は窮地に陥ります」(同)

 岐阜出身の熊田はこれまで、東海エリアのテレビ局での仕事もこなしていたが、さらにこちらも事実上〝出入り禁止〟状態にあるという。

「地元出身のタレントさんなので何とかかばってあげたいところもありますが、コンプライアンス遵守の今、不倫疑惑が出ただけでも相当厳しいですから。ネタとして触ることもはばかれるほどです」(地元メディア関係者)

 当面の間は「メディアを呼ぶことができる話題性」が重視されるイベント出演が主戦場になっていくだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/09/27 21:00

熊田曜子、テレビ局が注目する今後の動きと地元からも「出禁」状態のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真