日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 歴史エッセイスト・堀江宏樹の「大河ドラマ」勝手に放送講義  > 大久保利通は“陰キャ”だから渋沢栄一に嫌われた?

『青天を衝け』で大久保利通が“悪役”として描かれたのは“陰キャ”で渋沢栄一に嫌われていたから? 個性豊かな新政府の面々の実像

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

『青天を衝け』で大久保利通が“悪役”として描かれたのは“陰キャ”で渋沢栄一に嫌われていたから? 個性豊かな新政府の面々の実像の画像1
石丸幹二演じる大久保利通(左)と山内圭哉演じる岩倉具視(右) | ドラマ公式Twitterより

 『青天を衝け』の「明治編」、皆さんはどのようにお感じでしょうか。活気がありますよね。渋沢栄一がクセの強い明治新政府の面々と渡り合う様は、まるでTBSの「日曜劇場」みたいという声もありますが、本当にそのとおりかもしれません(笑)。今回は大隈重信と大久保利通を中心に、新政府の個性豊かな人々についてお話したいと思います。

 前回のコラムでは取り上げませんでしたが、大隈重信(大倉孝二さん)が初対面の渋沢を説き伏せたのは本当にあった話です。渋沢秀雄『父 渋沢栄一』(実業之日本社)によると「君も八百万の神の一柱(ひとはしら)となって、新しい日本の建設に一肌ぬいでくれたまえ」と話したそうで、いざという時に「八百万の神」といった大胆な例えを持ち出せる大隈の言語能力の高さには驚きしかありません。大隈は、渋沢について「気迫と弁舌にかけては人後に落ちない栄一だった」(『父 渋沢栄一』)という噂を聞きつけていたので、入念に準備していたのかもしれませんが、大隈の自伝『大隈重信自叙伝』(早稲田大学編/岩波文庫)を読んでいると、彼の文章は格調高く、しかもリズム感が良いのです。難しい内容でも読んですぐに理解しやすいため、かなりの弁舌家でもあったのだろうなぁと感心してしまいました。

 『青天~』は全41話、前回を入れても残り13話しかありません。展開がいっそう早くなるため、大蔵大輔として渋沢の上役を勤めていた大隈はすでに大蔵省から(大久保利通の陰謀で)異動させられ、井上馨(福士誠治さん)が代わりに赴任してきてしまいました。

 大隈とは多少のトラブルはあったものの、ウマが合ったといえる渋沢ですが、井上との関係もおおむね良好でした。渋沢は今風にいえば“陽キャ”(=陽気で外交的なキャラクター)で、自分と同じ“陽キャ”、つまりは本音も感情もあらわにしてくる人物とはすぐに仲良くなれるようです。渋沢が一目置く人物にはもうひとつ必要条件があり、それは「財政経済に明るい」という点です。その特徴を両方満たしているのが井上馨でした。「腹立ちっぽいだけに人間は陽性だった」そうで、すぐに怒る井上とも渋沢は仲良くなれたそうです。

 その一方で「決して人に腹を見せない性格」で「陰性」の大久保とは「ソリが合わなかった」そうです(『父 渋沢栄一』)。現代風にいえば“陰キャ”な大久保は、本音を見せず、さらに渋沢の目には「策略があるが財政経済には暗かった」人物と映りました。そういう史料を反映したのが『青天~』の大久保像でしょう。確実に悪役として描かれていますよね。歴代の「大河ドラマ」では、問題行動が多い西郷隆盛をかばう“苦労人の人格者”として描かれることが圧倒的に多かった大久保を、“新しいことを始めようとすると頭を押さえつけてくるイヤミな上役”として描いた例は、『青天~』が初めてではないでしょうか。実際、渋沢の子息の秀雄も「栄一は大久保を嫌い、大久保も栄一を嫌っていた」と端的にまとめているくらい、両者の関係は険悪だったようです。

123

『青天を衝け』で大久保利通が“悪役”として描かれたのは“陰キャ”で渋沢栄一に嫌われていたから? 個性豊かな新政府の面々の実像のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(2)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 新生UWFの蹉跌とその後の苦衷から抜け出し、よう...
写真