日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 乃木坂46齋藤飛鳥のスクープに見えるプロ意識

さすがはエース! 乃木坂46齋藤飛鳥の「特大焼肉爆食スクープ」に見えるプロ意識

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

さすがはエース! 乃木坂46齋藤飛鳥の「特大焼肉爆食スクープ」に見えるプロ意識の画像1
齋藤飛鳥(Getty Imagesより)

 
 乃木坂46の偉大なる1期生、齋藤飛鳥にスクープが出た! 一報は10月5日の『NEWSポストセブン』にて公表されたが、その内容に「さすが!」とファンから拍手喝采が送られているという。

「今回の報道は、齋藤がスタッフと焼肉(しかも特大のカルビ)をハイスピードで食していたという内容でした。さらに個室ではなく、一般客から丸見えの場所だったとのこと。何とも潔いスクープで『飛鳥ちゃんカッコイイ』『熱愛かと思ったけど安心した』と、ネット上で騒がれています。齋藤は以前から焼肉好きを公言しており、仕事の合間にサクッと一人焼肉に行くこともあるそう。ですから今回、『特大カルビを』『ハイスピードで』食べていたという、齋藤の媚びない“ジコチューでいこう!”精神が証明され、ファンにとってはなんともほっこりするスクープになったのです」(アイドル誌編集者)

 トップアイドルがフラっと1人で焼肉店に来たら、店員が戸惑うのも無理はないだろう。また、撮られた写真についても話題となっているようで……。

「白の長袖Tシャツにズボン、キャップにマスクなのですが、どれも何だか不自然に見えるのです。というのも、齋藤があまりにも小顔なのでキャップとマスクが顔を完全に覆ってしまい、まったく顔が見えず、もはや顔がないのではないかのよう。また、トップスとボトムスも流行りのオーバーサイズを合わせているのですが、齋藤が華奢なだけに、まるでお父さんの服を着させられた子どもみたいでした。普段、テレビに出る時は美少女揃いのグループの中にいますし、齋藤にジャストサイズの衣裳を着ていますが、一人でいる時に私服姿を撮られても、異次元のスタイルの良さであることがよくわかりましたね」(アイドル誌ライター)

 今回のプライベート報道で、齋藤の好感度はさらに上がりそうだという。

「今、乃木坂46は星野みなみの熱愛発覚の影響もあり、ファンも落ち着かない思いを抱いているタイミングです。アイドルというのはその特性上、恋愛が発覚すればマイナスの影響を受けることは免れません。なので、“いかにも彼氏がいなさそう”なイメージというのは、ファンに支持される要素となる。実際のところはわかりませんが、今回の爆速特大焼肉スクープは、齋藤の“彼氏いなさそう”感が滲み出ていました。プライベートにも抜かりがないあたり、さすがは乃木坂46のエースです」(前出・アイドル誌ライター)

 もっとも、齋藤といえばサバサバした性格で毒舌を披露することもしばしば。焼肉を食べに行っただけで騒がれたことには「ほっとけよ」と思っているかもしれない。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/10/08 18:00

さすがはエース! 乃木坂46齋藤飛鳥の「特大焼肉爆食スクープ」に見えるプロ意識のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真