日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然?

『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然? “3番目の男”に視聴者がザワつく理由

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然? “3番目の男”に視聴者がザワつく理由の画像
ドラマ公式サイトより

 24日に第3話が放送される西島秀俊主演の日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』。総勢30名以上のキャストが登場する、2クール連続放送のノンストップ考察ミステリーだ。初回から衝撃の展開が続き、SNSやネット上ではさまざまな考察がなされ、盛り上がりを見せている。

 同作は、ある日突然妻子が姿を消し、世間から疑いの目を向けられることになってしまった相良凌介(西島)が、真実を暴き家族を探し出すために奔走するというストーリー。出演者全員に秘密があるように描かれ、誰もが怪しく見えるなかで、ある謎の人物に注目が集まっている。それは、事件の何かを知っていそうな若手起業家でありベンチャー企業の社長・橘一星。演じているのは佐野勇斗だ。

 同ドラマの公式サイトでは、視聴者の推理による真犯人の投票を呼びかけており、毎週その結果をランキングにして発表しているが、佐野演じる橘は、初回は第1位、2回目も第2位と、多くの視聴者から疑われている人物なのだ。

 その理由のひとつとして多くの視聴者に指摘されているのが、ミステリー・サスペンス系ドラマにおける、ある法則。それは“上から3番目に書かれた出演者が犯人説”だ。これは、2005年放送のバラエティ番組『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』(フジテレビ系)で検証された「2時間サスペンスドラマにおける犯人は、新聞のテレビ欄で何番目ぐらいに書かれているものなのか」という「トリビアの種」が由来。前年に放送された各局の民放2時間サスペンスドラマ計201作品を対象に調査したところ、一番多かったのはテレビ欄で3番目に書かれた役者が犯人だった(31%)という結果だった。

 『真犯人フラグ』の公式サイトでは、今のところそれほど出番も多くない佐野が、主演の西島、その相棒役を演じる芳根京子に次いで3番目に書かれている。当然違和感があり、何かしらの意味があるとしか思えない。視聴者からは「佐野くん怪しいな~」「犯人は『橘一星(佐野勇斗)』ですな。理由は3番目だから。『あなたの番です』もそうだった」などの声が多く上がっている。

 また、演じる佐野自身への反響も大きい。2015年にデビューした佐野は、2018年公開の映画『ちはやふる ー結びー』の演技が高く評価され、日本映画批評家大賞の新人男優賞を受賞。その後も数々のドラマや映画に出演している今注目のイケメン俳優だ。2021年はTBS日曜劇場『ドラゴン桜』『TOKYO MER ~走る緊急救命室~』と話題のヒット作に連続で出演しており、今回の『真犯人フラグ』で“途中退場”することにならなければ、異例の4クール連続の日曜ドラマ出演という快挙を成し遂げることとなる。視聴者のなかには「来週もちゃんと佐野さん出ますね! じゃあ見ます!」「怖いの無理だけど佐野さん見るために頑張ります」と佐野目当てで見続けるという人も多く見受けられる。

 第3話では、その佐野演じる橘がいよいよ凌介にコンタクトをとり、物語の展開に大きく関わってくるようだ。公式サイトの予告によれば、橘は凌介に失踪した3人は誘拐されたと断言し、犯人に心当たりがあると告げるそうだ。橘が凌介の娘・光莉(原菜乃華)の彼氏で味方になるのでは、と期待する視聴者もいれば、「犯人役も見てみたい」と真逆の期待をする視聴者もいる。果たして、佐野が演じるのはどんな役どころなのだろうか。本作での活躍によっては、本格ブレイクを果たすことになりそうだ。

■番組情報
日曜ドラマ『真犯人フラグ』
日本テレビ系毎週土曜22時30分~
出演:西島秀俊、芳根京子、佐野勇斗、桜井ユキ、生駒里奈、柄本時生、柿澤勇人、長田成哉、坂東龍汰、迫田孝也、田中哲司、宮沢りえ ほか
主題歌:Novelbright「seeker」(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)
音楽:林ゆうき、橘麻実
企画・原案:秋元康
脚本:高野水登
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
演出:佐久間紀佳、中島悟(AX-ON)、小室直子
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shinhannin-flag/

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2021/10/24 12:00

『真犯人フラグ』の犯人は公式サイトで一目瞭然? “3番目の男”に視聴者がザワつく理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

青木真也が独自論を激白!

 今年1月、シンガポールで行われた「ONE: UNBREAKABLE」で、元ONEウ...
写真