日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『報ステ』予想外の低迷で

テレ朝『報ステ』が予想外すぎる低迷…富川悠太、徳永有美アナが秘かに“復権”目論むか

文=田中七男

テレ朝『報ステ』が予想外すぎる低迷…富川悠太、徳永有美アナが秘かに復権目論むかの画像1
『報道ステーション』(テレビ朝日系)

 10月4日から、元NHKの大越健介氏をメインキャスターに据えた新生『報道ステーション』(テレビ朝日系)が予想外に低迷しているようだ。

 同番組は同1日まで、月曜から水曜が小木逸平アナと徳永有美アナ、木曜と金曜が富川悠太アナと森川夕貴アナがMCを務めていたが、同4日から月曜から木曜まで大越氏、小木アナ、2年目の渡辺瑠海アナ、金曜が富川アナと徳永アナの体制に変更となった。

 大越氏はNHKでの政治記者を経て、ワシントン支局長を歴任。10年春から5年間、NHKの看板報道番組『ニュースウオッチ9』のMCを務めたベテランで、今年6月いっぱいで同局を退社。報道キャスターとしての知名度はバツグンで、テレ朝上層部は“一本釣り”に成功したわけだ。

 しかし、新体制になって1カ月が経過したが、視聴率的には意外にも低迷が続いている。大越氏の就任初日(10月4日)の視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べの世帯視聴率/関東地区、以下同)で、旧体制の最終日(同1日)の12.2%、その前日(9月30日)の14.0%と比べると落ち込んでいる。ただ、大越氏は“持っている”というべきか、就任直後の10月7日の放送中には関東地区で大きな地震が発生したことで放送を延長し、15.1%の高視聴率を獲得。その後も自民党総裁選、衆院選と大きな出来事が続いていたが、そのわりに“大越効果”はなかなか見られず、トータルで見ると視聴率は微減状態が続いているようだ。

 追い打ちをかけたのが、10月31日に放送された衆院選の開票特番『選挙ステーション』。同番組では、“目玉”として大越氏がMCを務めたが、視聴率的には大不振。NHKの17.7%を筆頭に、民放では日本テレビの10.8%がトップで、以下、フジテレビとテレビ東京が7.6%で同率2位。テレ朝は7.2%で、太田光を司会に抜擢したTBSの6.2%に次いでビリから2番目の惨状。ライバル局の日テレには大差をつけられてしまったのだ。

「そもそも『報ステ』の視聴率はコロナ禍とあって絶好調でした。ですから、わざわざ外部から大越氏を連れてくる必要性はなかったんです。大越氏には年間1億円ともいわれる出演料が払われているのですから、なおさらでしょう。それでも視聴率が上向けば局内でも納得だったんでしょうけど、下降傾向なんですから、今回の人事には不満の声が出始めています。CMスポンサーも快く思っておらず、このままの状況が続けば、局内での不満が爆発しかねません」(スポーツ記者)

 そんな中、秘かに“復権”を狙っているのが、大越氏の起用で冷遇されることになった富川アナと徳永アナだという。

「2人は元来、特に仲がいいわけではありませんが、今回の件で意気投合。上層部が三顧の礼を尽して招へいした大越氏を短期間で切ることはないでしょうが、小木アナや渡辺アナが降板する可能性はあるわけで、その場合に富川アナや徳永アナが復活することもあるかもしれません。そのときに備えて、虎視たんたんと再登板を狙っている状況でしょう」(同)

 とはいえ、富川アナはかつてコンビを組んでいた小川彩佳アナへのパワハラ疑惑や、妻による子どもへの虐待疑惑が報じられてイメージを損ない、出演回数を減らされたとの説もある。徳永アナはテレ朝局員の夫がいながら、ウッチャンナンチャンの内村光良と不倫におよび、結果的に略奪婚した過去がある。ともに視聴者からの好感度が高いとは言いがたいが、果たして復活はあるのだろうか?

田中七男

最終更新:2021/11/11 21:00

テレ朝『報ステ』が予想外すぎる低迷…富川悠太、徳永有美アナが秘かに“復権”目論むかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真