日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宮迫博之、相方の店を閉店に追い込んだ過去

宮迫博之、ヒカルとの焼肉店“破談”は因果応報? 元相方の店を閉店に追い込んだ過去

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

宮迫博之、ヒカルとの焼肉店“破談”は因果応報? 元相方の店を閉店に追い込んだ過去の画像
宮迫博之

 これだけYouTubeで謝罪するなら、テレビの世界でももっと早く謝罪していればと思えて仕方がないが……。

 元雨上がり決死隊の宮迫博之が11月11日、自身のYouTubeチャンネルで「ヒカルくんとの焼肉屋の今後についてご報告させていただきます」とする動画を公開。人気YouTuber・ヒカルとの共同プロデュースで開店予定だった焼肉店「牛宮城」について、ヒカルが共同経営者から撤退したことを明かした。

「本来ならば10月にオープンする予定だった同店ですが、メンバーらで行った試食会で、せっかくの高級肉を冷凍保存するなど調理のクオリティの低さに『これではオープンできない』と、ヒカルがブチ切れた。その後、1カ月間音沙汰なしでしたが、今回の動画では宮迫が『今の状態でヒカル君と掲げていたコンセプトのお店を作るのは難しいと判断』『このまま続けていくと、ヒカル君のブランドを傷つけてしまう』と説明。宮迫側からの申し出により、共同経営を解消することになった。ヒカルの出資金は責任を持って全額返済するといいます。一方で、自身発信の企画という手前もあり、宮迫チームだけで開店に向けて事業を継続していくとも語っています」(芸能ライター)

 雨上がり決死隊の解散報告会の姿も記憶に新しいが、このところすっかり「謝罪芸人」となっている宮迫。ヒカルとの不仲こそ否定したものの、ネット上では辛らつなコメントが目立つようだ。

「そもそも、最初は“お金貸してドッキリ”を仕掛けられたヒカルが『本当にお店やりましょうよ』と逆提案してスタートした話。そのため、『こんなことをするためにコンビ解消して、テレビから去ったの?』『もう、完全に舎弟やん』との声が続出しています。ヒカルブランドを失った上、オープンできるかわからない店舗は東京の一等地にかまえており、赤字はかさんでいく一方。開店の目処がついていないなら早々にすべて白紙に戻したほうが傷は浅いように思いますが、また“かっこつけ”の悪癖が出てしまったのかも」(放送作家)

 YouTuberとしての“相方”に不義理をした宮迫だが、過去にも信用を失うような言動を見せていたという。芸能ライターが明かす。

「宮迫は蛍原徹と雨上がり決死隊を結成する以前、大阪NSC在学中に別の男性とコンビを組んでいたんです。その元相方Aさんは、宮迫とのコンビ解散後、キャバクラのチェーン展開や若い女性に人気のブランドを抱える服飾会社で大成功を収めた実業家として有名なのですが……。コンビを組んでいた時代、Aさんは弱冠19歳でラーメン店を起業し、二足のわらじを履いていた。このラーメン店も繁盛していて、宮迫もアルバイトをしていたのですが、Aさんの成功を妬んだのか、あるいは冗談のつもりだったのか、宮迫はAさんが仕込んだスープの味を変えたり、メニューを勝手に変えるなどの“悪ふざけ”を続けたそうで、店の評判はガタ落ち。その後つぶれてしまったといいます。宮迫はこの悪行を過去にバラエティ番組で面白おかしくしゃべっていたことがあり、今回の焼肉店騒動でこのエピソードが掘り起こされ、ネット上では『最低すぎて引く、ほぼ犯罪じゃん』『今やったらバイトテロだろこれ』『この話が本当ならクズすぎる』などと批判が巻き起こっているようです」

 はたして、宮迫プロデュースの焼肉屋は無事にオープンできるのだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/11/16 13:00

宮迫博之、ヒカルとの焼肉店“破談”は因果応報? 元相方の店を閉店に追い込んだ過去のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真