日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > マツコのサラサラ体質VSオズワルド畠中の粘り腰

マツコの“サラサラ”体質とオズワルド畠中の“粘り腰”は、どちらが強いだろうか

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

オズワルド・畠中「あなた幼少期ジャンプとか読んでなかったですか?」

 年末に放送される『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)も準決勝の進出者が先週発表され、あのコンビが通った、あのコンビが落ちたと、今年もお笑い好きの間では話題が尽きない。

 で、2年連続でM-1決勝に進出し、今年も期待がかかるオズワルドが、18日の『やすとものいたって真剣です』(朝日放送)に出演していた。過去に出演した回の未公開トークが放送された形だ。

 伊藤俊介と畠中悠からなるコンビ、オズワルド。これまでテレビで目立ってきたのは、どちらかというと伊藤のほうだろうか。バラエティ番組で寝坊による遅刻癖がイジられたり。妹が俳優の伊藤沙莉であることが話題になったり。キャバクラのボーイとして10年間働いていたために土下座がうまいという特技が披露されたり。CMやドラマに伊藤が1人で出ていたこともあった。バラエティに1人で出ていることが多いのも、伊藤のほうだろう。

 一方の畠中は、オリジナルで長渕剛のような曲を作るという趣味・特技が披露されることはあるけれど、テレビではどちらかというと伊藤ほどは前に出ない。

 そんな畠中のトークが今回は面白かった。畠中は去年、キャッチにつかまり先輩の作家と初めてガールズバーに行ったらしい。ただ、電車まで時間がなかったので、45分の1セットだけ飲んで帰ることにしたという。しかし、ボーイが提示した会計は3万8000円。高めの金額に引っかかったが、急いでいたので先輩が払いその場はすぐに帰った。

 が、畠中は「さすがにおかしい」と思ったらしい。店に戻って会計の内訳を店員に聞いた。店員はさまざまな根拠を並べ立てた。会計時にはすでに46分が経過していた、サービスで出したテキーラは女の子の分のお金がかかっていた――。しかし、納得がいかない畠中はさらに店長を呼んで話を聞いた。

「僕があまりにも帰らないんで『ちょっと外で話しましょう』って。真冬だったんですけど、外で話してたんですよ」

 店長は「あなたこういうお店初めてかもしんないですけど、だいたいこんなもんですよ。店のメニューよく見たら、これがいくら、これがいくらとか、システムとか全部書いてるんで、これ読んでないあなたが悪くないですか?」と、とくとくと説明したらしい。「裁判とか起こすなら、全然起こしてください」とも主張したという。

 そんな店側の言い分に、畠中は反論した。

「『読んでないあなたが悪いっていうんだったら、僕がお店をつくってあなたがやってきました。入口の扉開けた瞬間に僕がバケツで水をバシャってかけます。うちこういう店なんで、って言われたら納得できますか?』みたいな話を延々として。『そもそも、いいものを提供したいという思いで店をつくったはずなのに、ぼったくりみたいなことをしてお金儲けして、ホントにうれしいんですか?』と。『あなた幼少期ジャンプとか読んでなかったですか? ドラゴンボール読んで、あなたフリーザに感銘受けて大人になったんですか? 悟空ですよね?』」

 結局、店長とは3時間ぐらい話したらしい。もちろん、畠中もお金が返ってくるとは思っていなかった。では、なぜそんなにも粘ったのか。それはひとえに、悔しかったからである。「一矢報いたい」と思ったからである。

「僕は何を言ってもお金返ってこないと思ってたんですけど、でも、一矢報いたいと思って。このまま帰るのは嫌だから。真冬に僕はダウン着てたんですけど、向こうはスーツだけだったんで、なんとか風邪だけひけと思いながら」

 12日の『NEWニューヨーク』(同前)のカラオケ企画では、ガッツリとラップ(BUDDHA BRAND『人間発電所』)を歌っていた畠中。アコースティックギターで長渕っぽい曲を弾き語る姿とのギャップがすごい。なんだか内に秘めたすごいものがありそうな予感。そんな男がガールズバーの店先で見せた粘り腰は、どんな酵素でもサラサラになりそうにない。

飲用てれび(いんよう・てれび)

飲用てれび(いんよう・てれび)

関西在住のテレビウォッチャー。

サイト:記事一覧

Twitter:@inyou_te

最終更新:2021/11/25 12:00
12

マツコの“サラサラ”体質とオズワルド畠中の“粘り腰”は、どちらが強いだろうかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけ...
写真