日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『M-1』準決勝進出が“手堅いメンツ”になった背景

『M-1』準決勝進出が見取り図、ニューヨーク、オズワルド…“手堅いメンツ”になった背景

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

『M-1』準決勝進出が見取り図、ニューヨーク、オズワルド…手堅いメンツになった背景の画像1
『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)公式サイトより

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系、12月19日決勝放送)の準決勝進出者が発表された。昨年決勝戦に進出した、見取り図、ニューヨーク、オズワルド、錦鯉、東京ホテイソン、インディアンスが順当に進出。さらにハライチ、アルコ&ピース、アインシュタインといったテレビで活躍する芸人や、『キングオブコント2021』で準優勝した男性ブランコも準決勝に駒を進めている。

「毎年、準決勝進出者の中には無名の新人が数組いるのですが、今年はヨネダ2000という女性コンビがいるくらいで、あとは過去のM-1でそれなりに結果を残しているメンバーばかりです。いうなればかなり順当な結果であり、サプライズ要素は少なめですね。この流れだと、決勝戦もかなり“堅いメンバー”になりそう。悪く言えば、新鮮味のないメンツとなるのではないでしょうか」(お笑い事務所関係者)

 今年のM-1が手堅い結果となっているのは、どうしてなのだろうか。とある構成作家はこう分析する。

「いわゆる“お笑い第7世代”が台頭したことにより、一昨年くらいからのお笑い賞レースかなり盛り上がっていて、それに伴いネタのクオリティーもどんどん上がっているんですよね。どの芸人たちも一昨年より去年、去年より今年といった感じでネタが進化している。つまり、すでにM-1で準決勝に進出するなどして結果を出している芸人たちが、どんどん面白くなっていくので、無名の若手が割って入る隙がないんです。各芸人たちもネタを“M−1仕様”にしてきているし、本当に熾烈な戦いになっている。レベルが上がりすぎた結果、勝ち残るメンツが代わり映えしなくなっているということですね」

 また、M-1ならではの“特別な審査基準”も影響しているようだ。

「M-1の場合、個性的なネタをする無名の若手が出てきた場合、その年はひとまず準々決勝くらいであえて落として、来年大会までの1年間での成長を促すというパターンが多い。M-1は一見しただけでは毎年ごとの“一発勝負”のように見えますが、実は前年度や前々年度のネタも考慮して審査しているんです。だから、準決勝以上になると、前年度でそれなりに結果を出したメンツばかりになる傾向はありますね。
 2019年優勝のミルクボーイにしても、あのネタのスタイルはその数年前から固まっていたんですが、M−1ならではの“2~3年かけて成長を待つ”という審査スタイルゆえに、2019年までは決勝に上がらなかったとも言われています。そういう考え方では、ここ数年連続して準決勝に上がっていた金属バットや、今年で2年連続準決勝のランジャタイ、キュウといったあたりは、満を持しての決勝進出もありそうですよ」(同)

 とはいえ、やはり有力な優勝候補は見取り図、ニューヨーク、オズワルドといった決勝常連組だという。

「3組ともにテレビ出演も増えているなか、しっかりとネタを仕上げてきています。今年の大会は見慣れたメンツの決勝戦になりそうですが、ネタは過去最高レベルになること間違いなしですよ」(同)

 準決勝は12月2日に開催される。次なるスターの座をかけたお笑いバトルは、いよいよ佳境に近づいてきた。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/11/27 18:00

『M-1』準決勝進出が見取り図、ニューヨーク、オズワルド…“手堅いメンツ”になった背景のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真