日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > 片寄涼太純度100%!
片寄涼太『ラウンドトリップ 往復書簡』(新潮社)刊行記念インタビュー

片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」

文=斎藤岬(さいとう・みさき)

[入稿済]片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」の画像1
片寄涼太(写真/永峰拓也)

――サイゾーでは過去に小林直己さん(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)に村上春樹の小説について語っていただいたり、橘ケンチさん(EXILE/EXILE THE SECOND)に好きな本をうかがったりと、EXILE TRIBEの読書家の方に何度か登場していただいているんです。

 片寄さんも今回出された初の著書『ラウンドトリップ 往復書簡』(新潮社/小竹正人と共著)で、本はよく読むようにしていると書かれていました。どんな本を読むんですか?

片寄涼太(以下、片寄) 昔は小説が多かったんですけど、ちょっと哲学的なものだったり、知識になるような話題の本も読むようになりました。最近だと『FACTFULNESS』(日経BP)なんかも読みましたね。勉強になって面白いなと思います。

 

[入稿済]片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」の画像2

[入稿済]片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」の画像3

――『ラウンドトリップ』では、アドラーの心理学を説いた『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)に影響を受けたと引用もされていましたね。そういった硬めの本を読むようになったのはいつ頃からですか?

片寄 いつだろう……この仕事を始めて、二十歳超えてからかな? ちょっと興味が湧いて。自己啓発のジャンルにくくられるんですかね。そこに書いてあることをそのまま受け止めるというよりは、生きる術のヒントというか、「そういう考え方をする人もいるんだな」という安心感につながるなと思っています。型にハマらなきゃいけないとか普通でいなきゃいけないとか、そういう感覚を「そんなこともないんじゃない?」とちょっと楽にさせてくれるところがあると思っています。

[入稿済]片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」の画像4

――かつてのインタビューを拝読すると、片寄さん自身、デビューしたての頃は「EXILE TRIBEっぽくない」「LDHっぽくない」と言われることがあって悩んだけれど、ある時から「それがいいんじゃないか」と思えるようになったそうですね。

片寄 そうですね。LDHという場所はある種の“一族感””軍団感”みたいなもので売っていて、その中で自分がどう個性を出していくのか20代前半の頃すごく考えていました。そういう部分を否定するわけではまったくなくて、でも人や作品との出会いによって自分自身の世界が広がっていったと思います。「こういう世界もあっていいんだな」と、ひとつの価値観だけにこだわらずにやれるようになっていった部分がありました。

123

片寄涼太純度100%! どこにも忖度なしに言葉を編み上げた「往復書簡」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

TARO SOUL、生粋のブランニューソウル男

 TARO SOULは生粋の“ブランニュー”好きだ。これまで彼が「Brand New...
写真