日刊サイゾー トップ > 芸能  > 片寄涼太、中華圏での成功は確実!?

片寄涼太が華流ポップス界の帝王と初共演! 中華圏での今後の成功は、もはや確実か!?

文=廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

LDH公式サイトより

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太(25)の、中華圏での人気がすさまじいようだ。ついに、華流ポップス界の帝王、ジェイ・チョウ(周杰倫)と共演を果たしたのだ。

 現在、Netflixではジェイの看板グルメ旅番組『ジェイ流で行く世界旅行』が配信中だが、5月23日に配信された10作目は東京が舞台で、ゲストの片寄、VERBAL(m-flo)と共に「LDH kitchen IZAKAYA AOBADAI」で日本食を楽しんでいる。

 ジェイをリスペクトしているという片寄は、流ちょうな中国語で「Love Confession」を好きな楽曲として紹介するなど、和やかな雰囲気で音楽について語る場面が見られた。

 今回の2人の共演は、中華圏のメディアなどでも大きく報じられ、片寄の微博(中国版Twitter)には「片寄くんとジェイ・チョウの歴史的な共演うれしかった! 萌え死にしそう!」「片寄くんの中国語上手すぎるよ、本当に努力してるんだね」「片寄くんに中国語で歌ってほしい」など、4,000超ものコメントが寄せられ、大きな反響を呼んだ。

 片寄の中華圏での人気のきっかけは、2017年に公開されたラブコメ映画『兄に愛されすぎて困ってます』への出演だった。兄役の片寄と血のつながらない妹役・土屋太鳳との禁断のラブコメで、日本の人気少女コミックが原作だったこともあり、中華圏でも大きな注目を浴びていた。さらに、同作のドラマ版および映画版がネット配信されたことで、若い世代の女性を中心に片寄のファンが急増。その後、私設ファンクラブが結成されるなどし、人気を不動のものとした。

 片寄の所属するLDHといえば同年、「LDH ASIA」を設立し、アジアでの活動を活発化させているが、それ以前から台湾芸能界との関わりは深い。11年にATSUSHIがジェイとライブでコラボしたことがきっかけで、EXILEグループの中華圏での知名度が一気に上昇。さらに、メンバーのAKIRAは昨年、台湾のトップ女優リン・チーリンと電撃婚し、三代目 J SOUL BROTHERSのミュージックビデオで夫婦共演を果たすなどしている。

 華流ポップス界の帝王との共演で、さらなる人気に火がついた片寄。中華圏での今後の活躍から目が離せない。

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

廣瀬大介(ひろせ・だいすけ)

明治大学卒業後、中国の重慶大学へ留学。メディア論を学び、帰国後は中国の社会問題についてウェブメディアを中心に執筆している。

最終更新:2020/06/06 14:00

片寄涼太が華流ポップス界の帝王と初共演! 中華圏での今後の成功は、もはや確実か!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

「松本人志、スベってる」のルーツは…

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真