日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 『ラストナイト・イン・ソーホー』レビュー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.664

ロンドンという街が若者の夢を搾取する恐怖 『ラストナイト・イン・ソーホー』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

ロンドンという街が若者の夢を搾取する恐怖『ラストナイト・イン・ソーホー』画像1
エドガー・ライト監督の新作は、現代のロンドンと60年代が交差するサイコホラー

 音楽もファッションもキラキラと輝き、まぶしく感じられた1960年代。若者たちを中心にしたポップカルチャーが花開いた時代だった。タイムトラベルできるのなら、誰しも一度は覗いてみたいと思う時代だろう。だが、憧れの人と間近に接すると、その人の意外な影の一面に気づいてしまうもの。憧れの時代も同じだった。エドガー・ライト監督の新作映画『ラストナイト・イン・ソーホー』は、「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれた華やかなりし時代のロンドンの光と影を映し出したサイコミステリーとなっている。

 物語の舞台となるのは現代のロンドン。1960年代のファッションに憧れる田舎育ちのエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、ロンドン芸術大学のひとつ「ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション」に入学する。ロンドンへの上京は、服飾デザイナーになるという長年の夢を叶えるための第一歩。手縫いの洋服に身を包んだエロイーズはドキドキしながら、ロンドンの繁華街にある学校へと向かう。

 幼い頃に母親を亡くし、祖母に育てられたエロイーズは、繊細な心の持ち主だった。イケイケの学生たちが集まった学生寮での共同生活にはなじめず、ミズ・コリンズ(ダイアナ・リグ)が一階で暮らす古い屋敷の屋根裏部屋を借りることに。その晩から、エロイーズは不思議な夢を見るようになる。エロイーズが気づくと、そこは活気あふれる1960年代のロンドン。映画館にはショーン・コネリーが主演した『007 サンダーボール作戦』(65)の大きな看板が掲げられてあった。

 夢の中のエロイーズは、歌手になる夢を持つ若い女性・サンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)の意識と一体化していた。野心家のサンディは歌だけでなく、ダンスでも人目を引いた。ソーホーの人気クラブ「カフェ・ド・パリ」のステージに立つことを目指すサンディのサクセスストーリーが始まる。サンディと同化しているエロイーズのワクワクも止まらない。

 夢の中のサンディに感化され、現実世界のエロイーズも髪をブロンドに染め、サンディの着ていた衣装にインスパイアされたドレスを授業で制作する。地味でダサい田舎娘から、一躍注目を集める存在に。夢と現実がシンクロし、青春を謳歌するエロイーズだった。ロンドンに来て、大正解! 1960年代、超サイコー! だが、極彩色の夢はやがてモノクロームの悪夢へと転じていく。

123

ロンドンという街が若者の夢を搾取する恐怖 『ラストナイト・イン・ソーホー』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、い...
写真