日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 乃木坂46筒井あやめ卒業説「2つの根拠」

乃木坂46筒井あやめに急浮上の卒業説 「2つの根拠」を推しライターが震えながら証言

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

乃木坂46筒井あやめに急浮上の卒業説 「2つの根拠」を推しライターが震えながら証言の画像1
筒井あやめん(乃木坂46公式HPより)

 にわかにファンをザワつかせているのが、突如浮上した乃木坂46の4期生・筒井あやめの卒業説だ。

 筒井の公式ブログで綴ったメッセージから浮上したものだが、ファンからは「ありえない」という声が多く上がっている。

 確かに真偽のほどは不明だが、火のないところに煙は立たないとも言う。それなりの“見立て”もあるようだ。

「憧れだった大園桃子が3期生にも関わらず卒業したことが筒井の心を卒業へ向けたということもあるかも知れませんが、他にも筒井の心を卒業へと向かわせるきっかけが2つあるように思うのです」

 こう語るのは、乃木坂ファンで4期生推しの芸能ライターだ。

「一つ目は、同じく4期生の遠藤さくらと賀喜遥香の存在です。筒井は遠藤と賀喜と共に加入まだ間もない時に『夜明けまで強がらなくてもいい』にてフロントに大抜擢されています。この3人を中心に4期生は進んでいくと誰もが思いましたし、事実、3人とも以降のほぼ全てのシングルで選抜に抜擢されています。しかし、遠藤は『キスの手裏剣』『4番目の光』『夜明けまで強がらなくてもいい』(表題曲)、『ごめんねFingers crossed』(表題曲)でセンターに抜擢。賀喜はモンスターヒットとなった4期曲の『I see…』と、さらに最新曲『君に𠮟られた』(表題曲)でもセンターに。一方で筒井はまだセンターになったことがありません。筒井も人気なら2人に遜色はないのですが、このように差をつけられ、さらには他の4期生も期別曲でセンターになるなど活躍し始めた。筒井のポテンシャルなら、乃木坂に縛られず次のステップを模索していてもおかしくはありません」(乃木坂ファンの芸能ライター)

 確かに、遠藤や賀喜はもちろん、田村真佑や早川聖来などの4期生も活躍が目覚ましい。グループとしては若手が台頭してくることそのものが喜ばしいことだが、筒井ファンとしては納得しづらい処遇でもある。ただ、筒井卒業の懸念事項は乃木坂46の外にも存在していると前出の芸能ライターは言う。

「もう一つの根拠は、Sony Music Artists(通称SMA)の存在です。筒井は2015年の11歳の頃、ソニーが開催した『サン宝石イメージガールオーディション』にて、応募者2000人の中からグランプリに輝いており、その特典としてSMAのデビュー支援を受けています。SMAといえば、乃木坂46のメンバーが所属する事務所・乃木坂46合同会社の株を半分所有しており、簡単に言えば、乃木坂46の“親”ということ。そのSMAは以前から若手女優の育成に力を入れており、土屋太鳳、二階堂ふみ、森七菜、また『全裸監督』で一躍有名になった森田望智などが在籍中。若手時代から育成されることでNHK朝ドラ女優にまで成長しています。筒井はまだ17歳。加えて、ルックスの完成度と『元乃木坂46』という肩書まであるとなれば、SMAが女優として育てたいと打診してきてもおかしくないように思うのです」(前出・乃木坂ファンの芸能ライター)

 いずれは卒業しなくてはならないアイドルならば、早い内から女優に転身したいと思うことも、現実的な話にも思える。

「櫻坂46でも原田葵がフジテレビのアナウンサーに内定したことが一部で報じられました。グループ在籍中から次のキャリアを考えて行動するアイドルは増えています。もし、筒井が他の道を考えて乃木坂46を卒業したとしても、そんなに不自然な話ではないと思われるのです……」(アイドル誌ライター)

 急転直下、浮上したグループ最年少・筒井の卒業説。信じたくない気持ちは大きいが、「絶対にありえない」とは言い切れないかも知れない。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2021/12/11 12:00

乃木坂46筒井あやめに急浮上の卒業説 「2つの根拠」を推しライターが震えながら証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真