日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川口春奈、おめでたい発表は年明けに?

川口春奈、ウワサのカレとともに“勝負の大みそか”で…おめでたい発表も?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

川口春奈、ウワサのカレとともに“勝負の大みそか”で…おめでたい発表も?の画像
川口春奈(写真/Getty Imagesより)

 2019年11月に交際が発覚後、何度も順調な交際ぶりが報じられている女優の川口春奈と総合格闘家の矢地祐介だが、またまた仲むつまじいデート姿を報じられた。

 「女性セブン」2022年1月6・13日号(小学館)によると、2人が姿をみせたのは高級百貨店に入る有名和菓子店。川口と矢地は商品を求める行列に並び、川口の方から手をつないだりハグをしたりとラブラブな様子だったという。

 2人とも上下スウェットで帽子をかぶり、足元はスニーカー。高級百貨店というより近所のコンビニに向かうようなカジュアルな格好で撮られている。

「もはや2人ともメディアに撮られることをまったく気にしていないようにも見える。川口の愛犬もすっかり矢地になついているようで、夫婦と言われてもわからないぐらい」(週刊誌カメラマン)

 そんなラブラブな2人だが、大みそかはそろって大舞台に挑む予定だ。

 川口は『第72回NHK紅白歌合戦』で司会に初挑戦。一方の矢地は、さいたまスーパーアリーナで開催される格闘技イベント『RIZIN.33』で王者ホベルト・サトシ・ソウザとのライト級タイトルマッチに挑む。

「川口は、昨年も司会を務めた大泉洋や、NHKの和久田麻由子アナがうまくサポートするだろうから、無事に大役を務め上げることができるはず。一方で矢地は、昨夏の対戦でサトシに完敗を喫している。しかし、矢地は現在2戦連勝中でノっており、今度のサトシ戦の対策もじゅうぶんできている様子。今回は勝利をもぎ取る可能性も高いのでは」(芸能記者) 

 大みそかの『RIZIN』はフジテレビ系での放送が決定。川口はリングサイドに矢地の応援に駆けつけることができないどころか、両番組は視聴率対決を繰り広げることになってしまった。

「淡々と司会をこなしていても、試合の結果が気になって“心ここにあらず”になってしまうかも。とはいえ、できるのは初司会を成功させること。あとは矢地とそろって、いい新年を迎えられることを祈るのみでしょう」(同)

 一部メディアでは、元旦恒例の各スポーツ紙の結婚報道で川口と矢地のカップルの名前が出る可能性があると報じているが……。

「川口は昨年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の代役を急きょ引き受けてから、7年半ぶりに連続ドラマの主演を務め、来年の朝ドラ『ちむどんどん』への出演も決定と快進撃。登録者数150万人と大人気のYouTubeはしっかり収益化され、CMもどんどん増えており、今や所属事務所の稼ぎ頭では。多忙なだけにおめでたい発表をするにしてもスケジュールの合間になるだろうから、早ければ『紅白』初司会という大役を務めた後の年明けということもありえそう」(同)

 年末年始、2人は仕事でもプライベートでも注目を集めることになりそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/12/25 06:00

川口春奈、ウワサのカレとともに“勝負の大みそか”で…おめでたい発表も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真