日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 城下尊之の「フラッと芸能解説」  > 22年結婚&離婚しそうなカップルを大予想!

「中村芝翫&三田寛子は離婚しない」22年結婚&離婚しそうなカップルを大予想!

文=城下尊之(しろした・たかゆき)

「中村芝翫&三田寛子は離婚しない」22年結婚&離婚しそうなカップルを大予想!の画像1
三田寛子(写真/GettyImagesより)

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかくあおり・あおられがちな芸能ニュースをフラットな目線で、おちついて解説!

――2022年の1発目は、今年離婚しそうなカップルを予想したいと思います。21年12月、中村芝翫の不倫が報じられました。これで3度目です。本人は不倫関係を否定していますが、妻・三田寛子はどう出るでしょうか。

 ああ、あの夫婦は離婚しないと思いますよ。歌舞伎役者の浮気は「治外法権」と言われるくらいで、妻も慣れたもの。しかも「芝翫」という名跡は、歌舞伎役者のなかでもすごい名跡。そういった世界では、正妻でいることが何よりも大事ですから、正妻としての地位を守り通すでしょう。離婚確定なのは熊田曜子さんですね。

――熊田の夫は、熊田に暴力を振るったとして暴行の罪で起訴され、2021年12月、求刑通り罰金20万円の有罪判決が言い渡されましたね。

 熊田さんが証拠として提出した暴行時の音声データが「高い信用性が認められる」とされました。暴行は婚姻を継続しがたい重大事由にあたり、すぐに離婚が認められることは間違いない。熊田さんとしてはしめしめというところでしょう。夫は控訴の意向を示しているようですが、判決をくつがえすことは難しいでしょうね。

――夫は熊田に不貞行為があったと主張しています。

 夫は何か勘違いしているんじゃないですかね。暴行罪については刑事裁判ですから、そこには熊田さんが不倫していたとかしていないとかいうのは一切関係ない話。

――じゃ、熊田の不倫問題はこのまま、うやむやのままになるということですか。熊田の所有する大人のおもちゃについていたDNAが不倫相手のDNAと一致したと主張していましたよね。

「DNA鑑定を行った」と言っているだけで、本当にそこに付着したDNAか証明できませんし、鑑定のためには浮気相手本人のDNAも必要ですが、それをどのように入手したのかも証明できません。ラブホに入っていくところの写真など客観的な証拠がなければ、不倫を証明するのは難しい。あとは親権、養育費、慰謝料の問題ですが、それも熊田さんが有利に進められることは間違いないでしょう。

――この問題、どう決着するのか、今後の展開が気になりますね。

 危ういのは、別居中と報じられている石田純一さんと東尾理子さん。石田さんは何度も取材したことがあり、とてもいい人で僕は好きですが、夫婦は一度別居するとほぼ離婚に向かっていく。かなり厳しい状況と見て間違いないですね。

――2021年に別居が報じられた小林麻耶とスピリチュアル整体師の國光吟氏も気になります。こちらは復縁、同居を始めたと報じられました。

 あの2人はスピリチュアルという別の側面がありますからね。一般の夫婦とはちょっと違う。このままくっついたり離れたりして、グズグズ時間かかる可能性はありますね。僕なんか「別れましょう」と言われたら、すぐにハンコを押しちゃうけど(笑)。

12

「中村芝翫&三田寛子は離婚しない」22年結婚&離婚しそうなカップルを大予想!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真