日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 松嶋菜々子『家政婦のミタ』続編が現実味!?

松嶋菜々子「遊川作品NG」解除で…『家政婦のミタ』続編を狙う日テレが小躍り!

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

松嶋菜々子「遊川作品NG」解除で…『家政婦のミタ』続編を狙う日テレが小躍り!の画像
松嶋菜々子(写真/Getty Imagesより)

 松嶋菜々子が、1月20日スタートのテレビ朝日系ドラマ『となりのチカラ』に出演することが発表された。

 嵐・松本潤が主演を務める同ドラマは、主人公・チカラ(松本)が同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、そのマンションが一つのコミュニティーとなって強いつながりを持っていく様子を描くという、社会派ホームコメディ。松嶋が演じるのは、松本の隣室に住む道尾頼子という“アラ還”女性で、ド派手な服装だけでなく白髪交じりの髪型など、これまでのイメージを覆すキャラクター像となっている。

 テレビ誌ライターはこう期待を寄せる

「『となりのチカラ』は遊川和彦氏の脚本・演出作。松嶋が遊川作品に出演するのは、2011年の主演ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)以来、およそ10年ぶり。主演の松本とも、『花より男子』(TBS系)、『ラッキーセブン』(フジテレビ系)といずれも松本主演作で共演経験があり、こちらも10年ぶりの連ドラ共演になります。ネット上では、松本ファンが『楽しみすぎる』と盛り上がっているほか、久々の松嶋×遊川のタッグにも期待の声が寄せられており、今期ドラマの最注目作のひとつでしょう」

 そんな松嶋と遊川氏のタッグ復活に、小躍りしてほくそ笑んでいるのが日本テレビだという。

「もともと松嶋は、夫・反町隆史との出会いとなった1998年の『GTO』(フジテレビ系)で遊川作品に出演し、続けて1999年の『魔女の条件』(TBS系)にも出演。そして満を持して松嶋単独主演となった『家政婦のミタ』は、世帯平均視聴率が全話平均で24.7%、最終回は驚異の40.0%を記録したお化けドラマに。40.0%は日テレドラマ史上最高視聴率(タイ)であり、その続編を放送することは、日テレの悲願でもありました。『家政婦のミタ』の大ヒットで松嶋×遊川の絆も深まったと思われ、続編製作は難しくないと当初思われたのですが、松嶋は遊川作品から距離を置くようになってしまった」(芸能記者)

 一体何があったのか。

「松嶋が演じた型破りな家政婦は『仕事は全て完璧にこなすが、常に無表情かつ機械的で、さらに命令されれば犯罪行為も平然と行う』というキャラだったため、愛娘が学校でいじめられるのではとの懸念や、役のイメージがつく恐れもあって、松嶋は映画化やスペシャルドラマといった続編企画をすべて拒否。それでも日テレは諦めず、その後も遊川オリジナルの別の作品『○○妻』(2015年に柴咲コウ主演で放送)の提案もしたようだが、それにもNGを出したようで、遊川氏との関係も急速に冷え込んだ。2014年に行われた遊川氏の結婚披露パーティには、天海祐希や柴咲コウなど錚々たる女優陣が出席したが、松嶋の姿はなし。遊川氏を“完全NG”とした背景には、NHK連続テレビ小説『純と愛』ではヒロインの夏菜を精神的に追い込んだとされる遊川氏のパワハラ的な演出に、松嶋もすっかり参ってしまったからともささやかれていますが……。いずれにせよ、他局とはいえ今回10年ぶりに遊川作品への出演を決めたことは、松嶋の態度が軟化している証拠とも受け取れ、日テレ側も『家政婦のミタ』続編への足掛かりになる可能性が出てきたと沸いているわけです」(同上)

 松嶋は昨年10月期のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)と2期連続のドラマ出演となりますが、いずれも脇役になる。

「夫の反町とは“交代制”で仕事に専念する時期をお互いにずらしているが、反町が長年レギュラー出演してきた『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)をこの春に卒業するのは、松嶋の女優業が2022年以降、活発化することを意味する。本人もそろそろ主演をと考えているでしょう。日テレは早くも今年10月期の水曜枠で松嶋にオファーをかける準備に入っていると聞きますよ」(同上)

 『となりのチカラ』が高視聴率を記録すれば、『家政婦のミタ』復活の強力な“力”となりそうだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2022/01/12 18:00

松嶋菜々子「遊川作品NG」解除で…『家政婦のミタ』続編を狙う日テレが小躍り!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

俳優で監督・小川紗良の願い【インタビュー】

 海の向こう、アメリカのメジャーリーグではエンゼルス・大谷翔平の二刀流が話題だが、日...
写真