日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 向井&宮舘コンビが“だてこじ”名乗り
「めざせジャニーズNo.1コンビ!」

Snow Man・向井&宮舘コンビが”ふまけん”“ゆごしん”に対抗で“だてこじ”名乗り

文=森本ナオ(もりもと・なお)

Snow Man・向井&宮舘コンビがふまけんゆごしんに対抗でだてこじ名乗りの画像1
SnowManオフィシャルサイトより

 1月28日に放送された『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)にSnow Manの向井康二と宮舘涼太が登場。 “だてこじ”とコンビ名を自ら名乗り二人が絡み合いながら番組を進行、今後、このコンビでの飛躍を期待させるコンビネーションを見せた。

 今回は2021年11・12月放送分のセレクション。11月放送分のセレクトとしてSixTONESの高地優吾と森本慎太郎のユニットのパフォーマンスが流れると、向井は2人が「ゆごしん」と呼ばれていると紹介したあと「ジャニーズの中で名コンビみたいなのありますか?」と宮舘に質問。宮舘は少し悩み「やっぱ菊池風磨と中島健人とかね」とSexy Zoneの2人の名を挙げ、「お互い切磋琢磨して頑張って、て感じがね」と推す理由を説明。

 向井も「セクシーなんやけど、セクシーのジャンルが違うところがね」と“ふまけん”の魅力を称賛した。

 そこで向井が、自分たちは通称「だてこじ」と呼ばれていると明かし、視聴者に知ってもらうためとして「めざせジャニーズNo.1コンビ!はじめまして僕らだてこじです!」という3つの質問に2人が答えるコーナーを実施。

 まず1つ目の質問内容は「だてこじをひとことで表すなら」というものだったが、これについて宮舘は「笑顔」と答え、2人は周囲の人や視聴者を笑顔にできるコンビだと主張。向井は「焼き肉」だとし「肉はかめばかむほどうまい」とした上で「知れば知るほど面白い」コンビであると説明した。

 次に2つ目の「他のコンビには負けない所」という質問では、宮舘は「愛」を掲げたあと「やっぱり愛を持って人に接するというか。僕らがLOVEを届ける」とキッパリ。一方、向井は「テンポ感!!」とし、自分たちの会話のテンポ感がいいと自画自賛していた。

 そして3つ目の「お互いの好きな所」という質問では、宮舘は「人の良さ」だとしながら「誰からも向井康二は愛されるんですよね。で、しゃべるっていうことがすごく好きだから……、なんかこう、みんなに向かって発信していくものがあったりとか。やっぱり康二だからついてくる、康二だから話せるっていうことが多分たくさんあると思う」とベタぼめ。

 一方向井は宮舘について「まわりの人に好かれる」とし「他の現場とか行く時に、けっこうダテさんてね、スタッフさんとかからけっこう好かれるイメージがあってね。ハマるのね、ダテさんに。共演者とかがね。もっと知りたい、ダテさんをと思うわけですよ。で、それを100倍にして返すというか。そういうのが好きですね」とやはりベタぼめ。

 お互いの相思相愛ぶりに、宮舘は「えっ……」とうれしそうな顔をしたあと「……もうちょっとやる?」と、コーナーが長く続くことを望み、ご満悦な様子を見せていた。

  “だてこじ”コンビの息の合ったやりとりにはファンからも熱い声援の声が。

 放送後のTwitterには「だてこじ掛け合い最高 さすがプラベでも親友だけある」「人を傷つけない温かいやりとりが本当に良かった」「お互いにのびのびできてる 見てて気持ちがいいです」といった好意的な声が上ることに。日頃からグループ内でも特に仲が良いことを公言している2人ならではの、自然体でポジティブなトークにファンもほっこりしたようだ。

森本ナオ(もりもと・なお)

最終更新:2022/02/02 07:00

Snow Man・向井&宮舘コンビが”ふまけん”“ゆごしん”に対抗で“だてこじ”名乗りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

TARO SOUL、生粋のブランニューソウル男

 TARO SOULは生粋の“ブランニュー”好きだ。これまで彼が「Brand New...
写真