日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 堂本剛、事務所に苦言? ソロ活動の不遇

堂本剛「ENDRECHERI」のジャニーズにおける不遇…ついに事務所にも苦言?

堂本剛「ENDRECHERI」のジャニーズにおける不遇…ついに事務所にも苦言?の画像
ENDRECHERI『GO TO FUNK』(Original Edition)

 KinKi Kids・堂本剛の発言が静かに波紋を呼んでいる。注目されたのは、1月29日に放送されたラジオ番組『堂本 剛とFashion & Music Book』(bayfm)での発言だ。

「番組の最後に、ファンク音楽を専門に取り扱うアメリカのメディア『Funkatopia』について言及。先日、彼のソロ・プロジェクトであるENDRECHERIの最新作『GO TO FUNK』がFunkatopiaの年間ベストの1作に選出されたのですが、Funkatopiaが自分の音楽を知ってくれたのはファンによる熱心な売り込みのおかげであると感謝した一方、本来なら“会社がやるべきこと”と苦笑い。その上で、『これはもう、ちょっと、事務所も取り上げないわけにはいかないんじゃないですか?』とこぼしていました。穏やかな口調でしたが、事務所批判とも捉えられかねない発言だっただけに、ファンはざわつきましたね」(芸能記者)

 この発言の背景について、アイドル誌の編集者はこう説明する。

「Funkatopiaは、剛さんの熱心なファンの“売り込み”によってENDRECHERIの存在を知り、その音楽性を高く評価。以前からインタビューしたい、自分たちがやっている配信番組に出演してほしい、といったラブコールを送っていたんです。これを知った剛さんも昨年4月に『どういう方法でつながっていただけるか。ちょっといろんな人に相談してみようと思います』と話していました。しかし、どうやら事務所がまったく動いてくれていないようで、この話がずっと滞っているんです。つい先日もFunkatopiaは『剛は音楽の天才だ』などと絶賛した後、『剛にインタビューするためにはジャニーズ事務所と話す必要がある』とツイート。さらに、『事務所が通訳を見つけて準備が整うまで辛抱強く待つ』としながらも、進展がないためか、自分たちでも通訳を探しているとじれた様子を見せていました。こうしたなかでの『事務所も取り上げないわけにはいかないんじゃ』という発言は、事務所のENDRECHERIに対する無関心さを象徴していますし、重い腰を上げてほしいという剛さんの強い想いの表れでもあるのでは」

 ENDRECHERIは以前から“不遇”の立場にあったという。

「堂本光一さんのソロとは違って、ENDRECHERIについてはプロモーションがほとんどないんです。この件についてたまに『ENDRECHERIはジャニーズ外のプロジェクトだから』という誤解もありますが、確かに表向き『RAINBOW ENDLI9』というレーベルからリリースされているものの、実質上はKinKi Kidsと同じくJ Storm所属。ENDRECHERIの映像もジャニーズの公式YouTubeチャンネルでアップされており、“事務所とは別”というのは間違いです。ただ、事務所側がそういう認識である可能性はありますね。なんと言っても、KinKiのファンクラブに入っていてもENDRECHERIの情報は基本的に流れてきませんから……。しかしENDRECHERIのライブチケットはKinKiのファンクラブに入らないと入手困難という状態。サブスク解禁などのおかげでENDRECHERIに興味を持つ人自体は増えていますが、真骨頂であるライブに足を運べない、となるパターンも多いんです」(前出・アイドル誌編集者)

 KinKi Kidsは今年デビュー25周年イヤーだが、剛もソロデビュー20周年にあたる。

「ラジオではFunkatopiaの件について『職人が職人の作品を評価してるわけじゃないですか』『ファンクって、音楽というジャンルの中でも突出した、巧妙な小技とか技術が必要な音楽なんで、それを熟知してる職人さんが我々の作品を高く評価したわけですよね』と話していました。謙虚な剛さんですが、ファンクに傾倒して15年以上、自分のやってきた音楽に自信を持てるようになった自負が自身を“職人”と呼ばせたのでしょうし、だからこそFunkatopiaのような本場のファンク愛好家に気に入ってもらえたことが何より嬉しかったはずです。そしてだからこそ、非常にもったいない状況にあると言えるのですが……。剛さんは義理堅いので難しいでしょうが、せっかく海外からオファーが来ているわけで、事務所にはもう事後報告にしてしまって、できる活動はどんどん進めてほしい、なんて思ってしまいます」(前出・アイドル誌編集者)

 大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズの製作総指揮を務めたグレン・マザラも、Funkatopiaの記事でENDRECHERIを知り、気に入った様子をツイートしていた。世界進出を果たしたいジャニーズ事務所にとっては逃したくない好機のはずだが、はたして事務所がENDRECHERIを世界にプッシュすることはあるのだろうか。

宇原翼(ライター)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

うはらつばさ

最終更新:2022/02/06 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed