日刊サイゾー トップ > 芸能  > 川口ゆりなデビュー、オスカーはどう戦う?

『ガルプラ』川口ゆりなソロデビュー、女優の名門オスカーはK-POP市場でどう戦う?

文=田井じゅん(たい・じゅん)

『ガルプラ』川口ゆりなソロデビュー、女優の名門オスカーはK-POP市場でどう戦う?の画像1
川口ゆりなInstagram(@kawaguchi_yurina_official

 韓国のグローバルガールズグループオーディション番組『Girls Planet 999:少女祭典』に候補者として出場していた川口ゆりなが、Kawaguchi Yurina名義で3月21日にユニバーサルミュージックからソロデビューすることが発表された。

『Girls Planet 999:少女祭典』は、日中韓から候補者を募り、9人組グループのメンバーを決めるオーディション番組。最終順位の上位9名で結成された「Kep1er(ケプラー)」は、今年1月3日にデビューを果たしている。

 川口はオーディションでの第1回個人投票で全体の1位を獲得。最終順位は14位となり、Kep1erのメンバーに入ることはできなかったものの、オーディション全体を通して人気・実力ともに上位をキープしていた。

 韓国のオーディション番組でデビュー組に入れなかった候補者が、後に別のグループを結成してデビューするというのは、ひとつのパターンだ。川口も同様だが、少々の不安材料もある。

「川口はやはりK-POPのリスナーをターゲットにした戦略になると思うのですが、そうなるとどうしてもグループのほうが圧倒的に有利。ソロアーティストとしてどこまで存在感を発揮できるかは未知数です。また、レーベルがソニー系であれば、例えば東京五輪開会式で歌ったmiletのように“ゴリ押し”で売ることもできるでしょうが、ユニバーサルミュージックなのでそういった強引な手法も難しい。決して簡単なチャレンジではないと思います」(レコード会社関係者)

 川口は2014年にオスカープロモーションによる『第14回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞。その後、2016年からはオスカー所属タレントによる女性アイドルグループ『X21』のメンバーとして活動していた。デビュー時から現在に至るまで、オスカーの所属となっている。

「女優の売り出しにめっぽう強いオスカーですが、これまで何度か女性ソロアーティストの売り出しを試みたことはあります。ただ、そちらではなかなか結果を出せていないのも事実。女優と併行して音楽活動をしていた上戸彩や剛力彩芽のようなケースであれば、ある程度の成功も見えますが、アーティスト活動のみとなると、さらにハードルは高くなってしまう。オスカーとしては、だからこそ川口で成功させたいという思いもあるでしょうが、果たしていい結果になるかどうかは、予想が難しいところ。アーティストだけでなく、ドラマやバラエティーへの展開があれば、状況はよくなるかもしれません。活動の幅に期待したいところです」(同)

 そもそも日本のマーケットをターゲットにするのか、はたまたグローバルなマーケットを狙っていくのかという問題もある。

「『Girls Planet 999』の視聴者は世界中にいるので、もちろん世界を狙ってはいると思いますが、まずは日本国内での活動が現実的。でも、どうせ難しいチャレンジをするのであれば、最初から世界を狙って、成功した時により大きなリターンを手にするという戦略もアリだとは思います。そう考えると、意義のあるチャレンジだっと感じます。日本のアーティストの海外戦略を開拓するという意味でも、ぜひとも成功してほしいソロデビューです」(同)

 川口ゆりなは、ソロアーティストとして“勝ち上がる”ことができるのか、その動向に注目が集まる。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2022/02/17 18:00

『ガルプラ』川口ゆりなソロデビュー、女優の名門オスカーはK-POP市場でどう戦う?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Daichi Yamamoto「音楽や芸術は差別や分断をチャラにできる」

 2年前にリリースしたファーストアルバム『Andless』とは、着飾ったものを脱ぐと...
写真