日刊サイゾー トップ > 芸能  > 妙に人間じみてきたデーモン閣下

「還暦で…」「肝臓の値が…」妙に人間じみてきたデーモン閣下の“設定”が揺らいだ瞬間

文=木村之男

「還暦で…」「肝臓の値が…」妙に人間じみてきたデーモン閣下の設定が揺らいだ瞬間の画像1
デーモン閣下(聖飢魔II公式サイトより)

 年齢を公表しない芸能人はめずらしくないが、特殊なスタンスで活動しているのがミュージシャン、タレントのデーモン閣下だ。

 閣下は聖飢魔IIのデビュー以来、年齢を「10万○○才」と自称して活動を続けており、プロフィールの生年月日も『魔暦紀元前(B.D.)100036(基督教暦B.C.98038)年11月10日発生』といった具合。ところが先日行われたイベントで、「仮の人間の姿としては、まもなく還暦」であると告白。さらに「ステイホームで酒量が増えて肝臓の値が…」「バランスの良い食事を…」「顔がむくんで…」などなど、“悪魔”らしからぬコメントを連発した。

「つい先日までお昼のワイドショーのコメンテーターを務めるなど、お茶の間の顔としてすっかり定着したデーモン閣下は、頑なに“設定”を守ることでも有名。例えば父親の話であれば『世を忍ぶ仮の父親』と言いますし、自身の風貌についても、間違っても『メイク』とは言いません。聖飢魔IIはコンサートのことを『ミサ』と呼びますが、熱心なファンが集うミサでも設定を崩すことはありませんし、閣下だけでなくメンバー全員にもそのスタンスは徹底されています。

 ただ、閣下が早稲田大学卒なのは有名ですし、最近では全国屈指のスポーツ名門校である桐蔭学園(神奈川県)で講演会を行っており、同校OBであることもカミングアウト。悪魔のくせに人間らしいエピソードを披露するギャップが面白みですが、実年齢の話題は限りなくタブーで、あからさまに年齢の話をするのはめずらしいですね……」(音楽ライター)

 聖飢魔IIは1999年に解散。閣下は相撲評論家としてテレビ出演する機会も多く、すっかり“相撲の人”というイメージだが、初めて年齢を公の場で明かされたのも相撲の仕事でのことだった。

「芸能界デビュー以来、相撲好きを公言してきたデーモン閣下ですが、NHKの相撲中継の解説に初めて呼ばれたのは2006年のこと。『紅白に出た時より嬉しい』という閣下は、アナウンサーや元力士の解説者も唸るような相撲の知識を披露しましたが、『そもそもなぜ相撲が好きになったのか?』という話題になった時、アナウンサーが『閣下は昭和37年生まれで…』と話してしまったんです。

 憧れていた相撲中継の仕事だったからか、閣下はやんわりと『公表はしていないが…』と否定しましたが、アナウンサーがそれを無視するかのように『昭和37年生まれということで…』と繰り返したため、閣下は『2度も言いやがって!』とツッコみ、年齢がバレてしまったんです」(芸能記者)

 悪魔も、NHKのベテランアナの強引な“がぶり寄り”の前には、なす術がなかったということか。近い将来、赤いちゃんちゃんこを着た閣下の姿が拝めるかも?

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2022/03/21 07:00

「還暦で…」「肝臓の値が…」妙に人間じみてきたデーモン閣下の“設定”が揺らいだ瞬間のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

沖田臥竜×武田玲奈「ムショぼけ」って何だ?

 10月から連続ドラマ『ムショぼけ』(北村有起哉主演)がスタートする。それに先駆け、...
写真