日刊サイゾー トップ > 芸能  > いしだ壱成&中島知子と谷原章介の因縁

いしだ壱成&中島知子…芸能人の明暗と谷原章介との数奇な因縁

文=手山足実(てやま・あしみ)

いしだ壱成&中島知子…芸能人の明暗と谷原章介との数奇な因縁の画像1
『めざまし8』(フジテレビ系)

 2021年12月に24歳年下の女優・飯村貴子と離婚し、その原因が飯村の不倫にあったことが『週刊女性』(主婦と生活社)で報じられた、いしだ壱成。そのほかに金銭トラブルを抱えており、現在はマネージャーを務める男性とプロモーターの男性と3人で、長野県のホテルの手伝いをしているという。

 2011年に移住した石川県を拠点にしつつ、東京で芸能活動を行っていた壱成。飯村とも石川県で生活をしていたが、離婚や金銭トラブルが重なったことで、石川県を離れることになったのだ。

「石川県での“ローカルタレント”として活動する選択肢もあったはずなんですが、なかなかうまくいかなかったんですよね。本人がうつ病になってしまったという事情もあるでしょうし、地元のマスメディアともいい関係を築けなかったようです」(芸能記者)

 石川県で成功を収めることができなかった壱成。一方で、地方に移住して復活を果たしたのが、元オセロの中島知子だ。

 2011年に体調不良で仕事をキャンセルしてから芸能活動休止状態となり、さらには女性占い師による“洗脳騒動”が報じられた中島。2013年4月には当時所属していた松竹芸能から契約解除となり、オセロも解散した。そして、ヌード写真集を発売、女性向けAVの監督を務めるなどした後、2019年に大分県に拠点を移すと、2021年にはテレビ大分で冠番組『中島知子のおうちで作れる!本格中華のススメ』が1年限定で放送されるなど、ローカルタレントとして復活した。

「中島さんは、全盛期ほどではないにしても、大分県のローカルタレントとして情報番組やトークイベントに出演するなど、地道に活動をしています。昨年末には『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で電撃復帰し話題になりましたが、このまま全国区のタレントに復活するかどうかは、本人の意志次第といったところでしょう。現在はかなり充実した日々を送っているようです」(同)

 ローカルタレントになれなかったいしだ壱成と、ローカルタレントとして活躍する中島知子。この2人には、奇妙な因縁がある。

「中島さんが女性占い師に傾倒したのは、当時交際していた谷原章介さんと破局したタイミングだったと言われています。そして、その谷原さんが中島さんの後に交際したのが、いしだ壱成さんの最初の奥さんである元タレントAさんなんです。いしだ壱成さんとAさんの長男はAさんが引き取っていて、いまは谷原さんと暮らしています。谷原さんを中心にして、中島さんと壱成さんの人生が明暗くっきりわかれた形です」(同)

 そんな事情もあってか、谷原章介がMCを務めるフジテレビ系ワイドショー『めざまし8』では、中島や壱成のニュースが取り上げられることはない。

「中島さんと壱成さんが波乱の人生を歩んでいる一方で、谷原さんは本当に仕事もプライベートも順調。谷原さんとしても、中島さんや壱成さんに対して、なんてコメントしていいかもわからないでしょうし、2人話題が『めざまし8』でスルーされるのも仕方ないことです」(同)

 何が起きてもおかしくないのが人生というもの。もしもボタンがひとつかけ違えていれば、いしだ壱成が谷原のようにワイドショーのMCを務めていたかもしれないし、中島もまた谷原と幸せな家庭を築いていたかもしれない。長い人生、この3人がまたどこかで交差する時だって、あるかもしれない。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2022/03/05 18:00

いしだ壱成&中島知子…芸能人の明暗と谷原章介との数奇な因縁のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真