日刊サイゾー トップ > 芸能  > 文化放送の斉藤アナ、スポーツ復帰の舞台裏

文化放送の斉藤一美アナ、スポーツアナ「出戻り復帰」の舞台裏

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

文化放送の斉藤一美アナ、スポーツアナ「出戻り復帰」の舞台裏の画像
文化放送『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』公式サイトより

 今年、プロ野球中継に携わるスタッフの間で、ある人物の「出戻り」がちょっとした話題を呼んでいる。3月24日に54歳の誕生日を迎える、文化放送の斉藤一美アナウンサーだ。斉藤アナが同局の看板番組『ライオンズナイター』に実況アナとして復帰するという。

 1990年に同局に入社した斎藤アナは、当初は深夜のワイド番組『とんかつワイド』などでパーソナリティを務めていたが、1997年春からスポーツアナウンサーとしてのキャリアを始めた。

「絶叫系のスタイルがマニアの間では評価が高く、箱根駅伝でもその“アナウンス力”を発揮し、『文化放送に一美あり』を知らしめることにもなった。一方で感情起伏が激しく、一部のスタッフと対立するなど、まとめ役として向いていない側面も確かにあった」(同局関係者)

 転機は2017年で、今度はニュース・情報番組『斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!』のキャスターに就任。本人は不退転の決意で仕事をしていたが、改編に伴い、今年の3月いっぱいで番組自体が終了となってしまった。

「後続番組はターゲットを下げて30代に焦点を当てる内容になる。元々は番組予算の大幅削減が主な狙いで、決して斎藤アナの評価が良くなかったわけではない」(前同)

 そして再びスポーツ担当に出戻りとなったのだ。

「昨年秋の埼玉西武ライオンズ・松坂大輔投手の引退試合は、担当番組をベルーナドームから全編生放送、そのまま実況を担当した。斎藤アナよりも少し年上の旧知のスタッフからの信頼が厚く、出戻りオファーに納得し、復帰を決めたそうです」(スポーツ紙運動部デスク)

 ただし問題もある。ラジオのプロ野球中継では細かい描写実況が生命線になる。5年間ものブランクを抱える斎藤アナは大丈夫なのだろうか。

「元々語彙力が多い人で、『SAKIDORI!』キャスター時代にもスポーツは必ずチェックし、その感覚が衰えないような努力はしていました。問題は野球選手同様、テンポの速い展開に目がついていけるか。鍛えろと言われても、そればっかりはなかなかできませんからね」(在京テレビ局スポーツプロデューサー)

 3月15日には同局の定例会見で、斉藤清人社長が斎藤アナについて言及した。「エースアナであり、大戦力」と斎藤アナを評価し、単純な出戻りではなく「ナイターの実況アナとして参加する」心づもりで取り組むよう檄を飛ばしたと明かしている。

「2020年2月には肺腺ガンのため、スポーツアナウンサー兼プロデューサーだった松島茂氏が47歳の若さで逝去。経験の少ない契約男性アナウンサーも活用しながら踏ん張っていたが、今回は最後の切り札を投入した格好。次に斉藤アナがいなくなる時があれば、それは中継自体が打ち切られるタイミングでは」(在京ラジオ局制作スタッフ)

 斎藤アナの真骨頂をリスナーは期待しているのだ。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/03/22 06:00

文化放送の斉藤一美アナ、スポーツアナ「出戻り復帰」の舞台裏のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真